ヘア用語集

メッシュ

髪全体に対して部分的に筋のようにカラーリングをすることをフランス語でmecheと言い、メッシュと呼ばれています。

メッシュはヘアスタイルにより一層の立体感を出させるために入れられることが多いです。例えば全体のベースとなる色味よりも明るい色味をメッシュとして入れた場合には、その部分をハイライトと呼びます。

反対にベースの色味よりも暗い色をメッシュとして入れると、それはローライトと呼ばれます。メッシュはメイクでのハイライトなどと同じような役割を持っているのです。

ハイライトやローライトとしてのブラウンやベージュ、アッシュ系以外にも、ピンクやイエロー、グリーン、そしてブルーなどのカラーもメッシュとして入れられます。

これらのカラーは髪全体に染めてしまうとかなり奇抜になりますが、メッシュとしてポイントで入れることによって、ほどよく個性をアピールできます。メッシュは髪全体のカラーリングとは違って部分的なので、ムラになる心配などがなくセルフでチャレンジしやすいです。

メッシュを入れる部分に入れたいカラーのカラー剤を塗ってアルミホイルで巻いて一定時間置き、あとは流せば完了です。カラーを入れない部分にはカラー剤が触れないように、髪をクリップなどでよけておきましょう。

一時的にメッシュを楽しめるヘアパウダーやヘアカラーチョークなどもあるので、そういったグッズで気軽に楽しむこともできるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ツイート

メッシュ

メッシュ-ヘア用語集/ホットペッパービューティー
戻る