1. 総合トップ  >  
  2. ヘアカタログトップ  >  
  3. ヘア用語集  >  
  4. アッシュ系

ヘア用語集

アッシュ系

アッシュ系とはヘアカラーにおける色の表記のひとつです。

アッシュを直訳すると灰色となりますが、同じく灰色を意味するグレイが無彩色なのに対し、アッシュというとねずみ色や鉛色などのカラードグレイを意味します。

ヘアカラーのアッシュ系になると少し色合いが変わり、灰色がかったくすんだ感じの色みになります。これは赤みがかった日本人の黒髪にそのままカラー剤をのせてもアッシュ系の色にはならないため、赤みを打ち消す補色になる青系の色を使うためです。ひとくちにアッシュ系と言っても、元の髪の色・染まり具合・髪質により色味は変わってきます。

グレイを強く出したい時は一度ブリーチをしてからヘアカラーをします。髪全体をブリーチするのが気になる場合はウィービングという方法があります。これは筋状にブリーチをしてからカラーをすることで色の入り方が変わり、雰囲気のあるヘアスタイルを演出できます。青みのあるアッシュ

系のカラーは赤みを抑えて柔らかな雰囲気を出してくれますが、寒色系の染料は粒子が大きく髪の内部に入りにくいため他のカラーに比べ色落ちも早いようです。他のカラーとの組み合わせやウェーブやカールを組み合わせることでめだたなくなります。

アッシュ系

アッシュ系-ヘア用語集/ホットペッパービューティー
戻る