1. 総合トップ  >  
  2. ヘアカタログトップ  >  
  3. ヘア用語集  >  
  4. タオルドライ

ヘア用語集

タオルドライ

濡れた髪の水分を乾いたタオルで拭き取り半渇きの状態にすることをタオルドライと言います。

まず事前に髪を軽く絞ったり払うなどして水分をできる限り取り除いたら、次に乾いたタオルで頭皮を優しく揉み込むようにしていきます。

そして最後に一番肝心な、毛先に溜まった水分の拭き取りを行います。タオルで乾かすという動作からこの呼び方が定着しました。タオルドライのポイントはできる限り髪とタオルに摩擦が生じないよう心がけることです。

ワシャワシャとタオルで髪を払ったり、力強く毛束を握ってしまうと髪の表面に大きなダメージを与えることになりますので注意してください。また、大判のタオルを1枚使うよりも小さめサイズのものを2枚使うほうがしっかりとドライできて時間も短く済みます。

タオルの素材や厚みでもクオリティは大きく変わりますので、現状のタオルドライに納得できないときはそこから対策してみましょう。タオルドライの後はそのままドライヤーで乾かす場合もありますが、他の作業を行う場合もあります。

洗い流さないトリートメントを付けるなら、髪をドライヤーの熱から保護するためにもこのタイミングが最適です。さらにタオルドライの状態で行うウェットカットは切り口へのダメージを抑えることのできるカット方法ですし、セルフカットの際は毛の飛び散りを防ぐ効果もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ツイート

タオルドライ

タオルドライ-ヘア用語集/ホットペッパービューティー
戻る