ヘア用語集

展開図

美容業界における「展開図」は、髪をカットする際の設計図です。

展開図には人の頭部と、板状に引き出した毛束である「パネル」の図が描かれています。ヘアスタイルの種類は、ワンレングスボブやレイヤーカットなど多種多様です。さらにパネルの幅や長さ、頭皮に対する角度などはヘアスタイルごとに異なります。

展開図の利点は、パネル同士のつながり方や、毛先のカットラインなどを一目で理解できることです。

指定された通りに髪をカットすれば、第三者が個々のヘアスタイルを再現できます。複雑なヘアスタイルになるほど、パネルの数が多くカットラインも繊細です。

展開図の中には、トップやサイドの髪の長さを具体的に指定しているものもあります。あるいは「毛先をカットする時にカーブをつける」「サイドの髪を軽く梳く」など、スタイルを作るコツを書き加えた展開図もあるのが特徴です。

髪をカットする時には、個人の顔の輪郭や毛量、髪の質なども大切な要素となります。また、自宅でスタイリングすることを考慮し、再現性の高い髪形にすることも必要です。

理想的なヘアスタイルを実現するためには、いろいろな要素を考え合わせなければなりません。従って、展開図はヘアスタイルの基本的な設計図でありつつ、個人に応じて弾力的に運用されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ツイート

展開図

展開図-ヘア用語集/ホットペッパービューティー
戻る