顔のゆがみの意外な原因!歪みを引き起こすNG習慣

編集部
編集部

2016年3月1日 更新

2,874

顔や輪郭のゆがみの原因は身近な習慣だった!

4a64cc19 ea3e 406d ba7d ce6fad190bac

日ごろの生活習慣が顔や輪郭のゆがみの原因となっている場合があります。以下の項目に当てはまる人は要注意です。 1. 寝るときに必ず同じほうを下にして寝ている 2. 食事のときに同じ側ばかりでかむ癖がある 3. よく頬づえをついている これらが顔の歪みにつながってしまいます。また、全身はつながっているため、骨盤のゆがみや姿勢の悪さが顔の歪みにも影響します。立つときや座るときに左右どちらかに重心が偏ったり、いつも鞄を同じ側の手で持つ人、猫背の人は体の重心の偏りがないように正しい姿勢を意識することも大切です。

歪みが悪化する前にできることは?

きちんとケアすることで、顔の歪みを改善させることができるでしょう。歪みをほぐすためにストレッチをしましょう。まずは、あごのストレッチ。通常の大きさのコットンを1枚ずつ左右の奥歯で噛みしめます。あまり力を入れすぎないように注意しながら、右、左、両方、といった順番で噛みましょう。 また、左右対称を意識して体を使うようにしましょう。どちらかに偏った立ち方、歩き方は歪みの原因になります。普段の生活から改善しましょう。

歪みを軽減!自宅でできるセルフ矯正

自宅でできる矯正テクニックをご紹介します。 1. フェイスライン矯正 両手の親指の付け根を使い、あごから耳下へとフェイスラインをグッと押し上げます。フェイスラインの歪みを取ることができ、キュッと顔が引き締まります。                  2. 頬骨の位置を戻す 顔が歪むと頬骨が前に出て徐々に下がってきてしまい、ほうれい線ができやすくなってしまいます。人差し指を使って目もとに気をつけながら、小鼻の横から耳の手前まで頬骨を押し上げましょう。 3. 鼻と額を整える 頬と同じように、顔が歪むと額がどんどん前に出て下に落ちてしまいます。利き手の親指と中指の腹で鼻の付け根をつまんで、前に出します。もう片方の手の平を額に当て、グッと上に引き上げて額を元の位置に戻しましょう。

歪みが気になる人は一度プロに!

昔から歪みが定着して悩んでいる人は、生活習慣を改めたり、セルフケアを続けるだけではなかなか改善につながらないことも。また、パーツによっては、自分でケアするには難しい部分もあります。その場合は整体院などの専門施設でプロのケアを受けてから、セルフ矯正にチャレンジしましょう。

kirei:relax
ヘアサロンを予約する

この記事が気に入ったらシェア

この記事のキーワード

ヘアサロン予約なら

  • 「行きたい時間」「口コミ」「スタイリスト」から美容院が探せる

  • 「24時間いつでも」ネットで予約できる

  • 「クーポン」が使えて「ポイント」も貯まる

九州・沖縄 四国 中国 関西 北信越 東海 関東 東北 北海道

関連記事