ヘアスタイル

どうして私の髪型は決まらないの?髪型が決まらない理由とは?

編集部
編集部

2016年3月1日 更新

12,397

「髪型がどうしても、決まらない……」。朝の忙しい時間、毎日同じことで悩んでいませんか? 女性にとって、髪型が決まるか、決まらないかが1日の気分を左右するだけに、放ってはおけない問題です。 髪の長さやヘアスタイルにもよりますが、縮毛や髪の硬さ、天然パーマなどの髪質が原因になっている場合もあります。ただ、自分のそんな髪も、クセを生かした髪型やクセに向いている髪型でカバーできたら素敵ですよね。そこで、明日から朝を清々(すがすが)しく過ごすために、解決法を見つけてみましょう!

縮毛のせいで髪型が決まらない。原因と縮毛を生かせる・向いている髪型とは?

27afd123 e0c0 454a b0aa 28226763c71f

髪が縮れている縮毛やクセの強い髪質の人は、両親のどちらかが縮毛やクセ毛の人が多いようです。つまり、縮毛やクセ毛のほとんどは遺伝によると言われています。また、縮毛やクセ毛の両親から生まれた7割以上の人が、縮毛かクセ毛で悩んでいると言われています。

逆に、両親が直毛なら、子どもの9割が直毛になると言われています。それ以外の後天的な原因としては、不規則な生活や喫煙による血行不良、アルコールの多飲、脂肪分の多い食事、石油系合成面活剤を使ったヘアケア商品が挙げられます。

縮毛の人がクセを生かすのにおすすめなのが、ショートヘアです。縮毛ならではのクセを、ほど良いボリューム感として生かすことができるからです。そのために重要なのが、美容師さんに自分のクセをしっかりとわかってもらうこと。

初めて行く美容室で、思い切ってバッサリというのは避けたいですね。どれだけ腕のいい美容師さんでも、最初からクセのある髪の特徴をつかめないため、何度か通って、理想のまとまりに近づけていきましょう。美容室に行ったら、仕上げのときにどんなふうにブローすれば良いかを聞いてみるのもコツ。大抵の美容師さんなら、丁寧に教えてもらえます。

髪質が硬くて、髪型が決まらない。原因と硬さを生かせる・向いている髪型とは?

418efcff 66e4 4de2 91fc 5386a991b098

生まれつき、髪質が硬くてゴワゴワしていると悩んでいる人もいますが、実は、ダメージによって硬くなっている人もいます。「最近、髪が硬くなってきた」と思い当たる人もいるのではないでしょうか?

硬くなる原因の一つが、ストレートアイロンやコテの熱によるもの。髪の毛はタンパク質でできているのですが、毎日熱を当てることで、タンパク変性が起きてどんどん硬くなります。カラーや縮毛矯正を続けている人も、残留アルカリや乾燥によって髪の硬化が進むので、注意が必要です。

硬くて髪が決まらない人は、ふくらみを抑えるために毛量調整するのをおすすめします。方法としてはハサミでの間引きやセニング、レザーカットがあります。最近は根元からハサミで間引くテクニックでふわふわ感や無造作感を出しつつ、全体のボリュームを抑えたスタイルが実現できるようになっています。カットの際には、美容師さんに相談してみてください。

天然パーマがきつくて、髪型が決まらない。原因と天然パーマを生かせる・向いている髪型とは?

C1ab4f52 31a3 45c4 bd75 cc899fa9ac08

毛穴が曲がっていることが原因で、クルクルとした髪質の天然パーマになります。毛根部分から毛が曲がっていて、髪が伸びる段階で曲がった毛穴を通るため、表面に出たとき天然パーマとなってしまいます。頭皮には無数の毛穴があるので、曲がった毛穴とそうでない毛穴が混在しているのが普通です。

しかし、曲がった毛穴が人より多いと天然パーマになることがあります。遺伝によるケースが多いのですが、ダメージやストレス、毛穴の詰まりでより悪化することもあると言われています。

以前は、ストレートにカットしたヘアスタイルが流行っていましたが、今は無造作なナチュラルヘアが支持される時代です。無理にストレートにするよりも、天然パーマを生かしたおしゃれな髪にしてみましょう。おすすめなのが、セミロング以上の長めのヘアスタイルです。一部をアレンジすることで、クルクル感をおしゃれに見せることができます。

最も簡単なのが、前髪をねじって、ピンで留める方法です。前髪のボリュームを抑えつつ、トップと脇にクルクル感が出て、外国人風の仕上がりになります。ポニーテールは、前髪だけをストレートアイロンで伸ばせば、結んだ部分がクルクルとはねてかわいくなります。編み込みも、ストレートの人とは違い、一度コテで巻く必要がないので簡単に仕上がります。

美容師さんに相談して、アレンジしやすい髪型にカットしてもらいましょう。

hair:all
ヘアサロンを予約する

この記事が気に入ったらシェア

この記事のキーワード

ヘアサロン予約なら

  • 「行きたい時間」「口コミ」「スタイリスト」から美容院が探せる

  • 「24時間いつでも」ネットで予約できる

  • 「クーポン」が使えて「ポイント」も貯まる

九州・沖縄 四国 中国 関西 北信越 東海 関東 東北 北海道

関連記事