ヘアスタイル

天然パーマを改善したい人におすすめのワックス、フォーム、ジェル

編集部
編集部

2016年3月1日 更新

6,309

自然なウェーブがかわいらしい天然パーマ。しかし、当の本人たちは「希望通りのヘアスタイルになりにくい」「ヘアスタイルが崩れやすい」「乾燥していてパサパサしている」と、その悩みは尽きないようです。髪にまとまりを与え、毎朝のヘアセットを少しでもラクにしてくれる、天然パーマの方におすすめのスタイリング剤とは何でしょうか?

天然パーマの人に向いているワックス

Ef4a6ff3 9b26 468a b70c cbf334a60255

クセ毛のメリットは、直毛の人より無造作ヘアが作りやすいことです。ヘアアイロンを使ってストレートにするのもいいのですが、ヘアワックスを使って、自然なカールをより引き立たせるスタイルがおすすめです。

髪質によって、向いているワックスは異なりますが、軟毛の人は強いセット力とマットな仕上がりが特徴の“ハードタイプのマット系”がおすすめ。油分が少なめのワックスを選ぶことによって、髪全体がぺちゃんこに潰れず、ふんわりとした自然な仕上がりになります(つける量は少なめでOKです)。

髪質が硬い人は、ボリュームが出やすいので、ある程度油分が多いものを使ってボリュームダウンしたほうがセットもしやすいです。おすすめは“ハードタイプのファイバー系”のもの。ファイバー系は、繊維が入っているので伸びがよく、髪にしっかりなじむのが特徴です。また、毛先に動きを出せるので、微妙なニュアンスや毛束などが作りやすくなります。

どちらの場合も、乾いた髪につけると、カールをよりきれいに引き出すことができます。つける際は毛先を中心に、手で下からかき上げるようにしてもみ込みましょう。根元までつけると、シャンプーで洗った後も毛穴に残ってしまい、抜け毛の原因になるので注意してください。

天然パーマの人に向いているジェル

93c842d4 542e 4efc 9536 a566a58d9eb6

ジェルとは、液体タイプの整髪料のことです。強いセット力を持つものから、軽いニュアンスを与えてくれるものまで、種類はさまざまです。

ジェルの長所は、何といってもそのツヤです。艶のある効果を出す成分を使用しているものが多く、髪に美しい光沢を与えてくれます。天然パーマは髪の表面に凸凹があるため、キューティクルがはがれやすく、髪が乾燥しがちです。ジェルは、そんな髪のパサつきが気になる人におすすめです。選ぶ際は、自然なカールを引き立たせるために、セット力の強いものを選ぶといいでしょう。

天然パーマの人に向いているフォーム

4d844709 23a3 4f40 9cf4 b7168b1ba8ec

天然パーマの人は、水分が不足している場合が多いため、水分量の多いフォームもおすすめです。

フォームにはふんわりとした質感が特徴のソフトタイプと、しっとりとしてパサつきを抑えるトリートメントタイプの2種類があります。髪質にもよりますが、トリートメントタイプのフォームは、潤いのあるしっとりとしたニュアンスのあるウェーブヘアにすることができるので、一度試してみるのもいいでしょう。

天然パーマの必需品! クセを抑えるスタイリング道具とは

8668a2dd 91fa 4ab2 90b4 43a5437d9a8b

クセを抑えるには、水分補給を行いながら髪を乾かすことができる、マイナスイオンドライヤーを使うのがおすすめです。髪を乾かす際に、水分を奪いすぎることはありません。

また、マイナスイオンを吹きつけることによって、髪表面のめくれているキューティクルを閉じてくれるので、髪がしっとりしてツルツルになります。

天然パーマの人は、ブラシにもこだわりたいものです。髪のゴワつきの原因となる静電気が起きやすい、ナイロンやプラスチック製のものではなく、猪毛ブラシを使うのがおすすめです。

hair:all
ヘアサロンを予約する

この記事が気に入ったらシェア

この記事のキーワード

ヘアサロン予約なら

  • 「行きたい時間」「口コミ」「スタイリスト」から美容院が探せる

  • 「24時間いつでも」ネットで予約できる

  • 「クーポン」が使えて「ポイント」も貯まる

九州・沖縄 四国 中国 関西 北信越 東海 関東 東北 北海道

関連記事