ホットペッパービューティーマガジン

スペシャル

「三谷さんは、役柄で新しい可能性を引き出してくださるんです。」秋元才加さんインタビュー

編集部
編集部

2018年12月3日 更新

1,601

この年末から公演(2018年12月4〜28日/世田谷パブリックシアターにて東京公演、2019年1月6〜13日/梅田芸術劇場にて大阪公演)が始まる三谷幸喜作・演出のミュージカル『日本の歴史』に出演する秋元才加さん。わずか7名の出演者で、卑弥呼の時代から太平洋戦争までの1700年を2時間半で描きます。舞台への出演が続く中、ハードルの高い意欲作にどう臨むのでしょう。公演中のセルフケアや美容情報のマイブームも、聞かせてもらいました。

「歌う体」を目指して、半年前から本気のボイトレを始めました

F6798b28 bbfb 49e0 86cb 66f335414a4e

ミュージカル出演が続いていますが、今回の歌は難しいですか?

作品全体だと20曲以上予定されていて、歌詞の中に年号とか人物名がいっぱい出てくるんです。歌を覚えると歴史も覚えられるので一石二鳥ですけど(笑)、間違えると大変。

この作品の前に『GHOST』っていうミュージカルをやらせていただいたんですけど、「この楽曲の量とキーは今の歌唱力では難しい。でも背伸びしたらいけるかもしれない」と思ったんですね。それまでの私は無理だと思うお仕事に挑戦することを敬遠しがちだったんですけど、挑戦すると決めて本番半年前からボイトレに通って、歌う体を作り始めたんです。その本番を経てかなり成長できたと思うので、今回はさらにステップアップした歌声をお届けできたらいいなと思ってます。

歌や振りを覚えるのは早いほうですか?

ストレートプレイだけの踊らない俳優さんに比べると、早いかもしれないですね。そこは、AKB48在籍時に培われた、というか。歌と動きと、そこがリンクしながら覚えられるかもしれない。
でも、全体の中では振り覚えはすごく遅かったし、グループ在籍時に何かを積み重ねてトレーニングした、っていう経験が、全くなかったんです。瞬発力でお仕事をしていたっていう。

それって、若い頃はいいですけど、歌とか技術って、1日じゃ絶対できないから。私も積み重ねていくお仕事の仕方をしていきたいと思って、まずボイトレから始めたんです。

舞台「国民の映画」、映画「ギャラクシー街道」などで三谷作品に参加されていますが、三谷演出の特徴というと?

演出の仕方は、すごくわかりやすいです。動きのタイミングを具体的に述べてくださって、台本も、句読点通りにしゃべればちゃんとしたリズムになっているし。
またどの作品でも、与えられる役柄の根本に“秋元才加”があって。私だけでなく(今回の舞台でも出演する)香取(慎吾)さんなら香取さんの、内面に“実はこういうところがある”っていうのを見抜いて、引き出してくださるんですよね。可能性を見出して、それを役としていただけるので、すごくありがたいです。

映画「ギャラクシー街道」では、撮影前に3日間の特訓があったそうですね。

あぁ、そうでした! ただ私、三谷組初参加の舞台『国民の映画』でも「秋元さん、1時間早く来てください」って言われることが結構あったんですよ。三谷さんにマンツーマンでお芝居をつけていただけるって、すごくありがたいことじゃないですか。でも当時の私は、自分が一番できてないのはわかっていても「なんで1時間も早く行かなきゃいけないんだ!?」って(笑)。

でもその時、ご一緒させていただいていた吉田羊さんが、同じように全体稽古と別に稽古した時に「私のために時間を割いてくださって、ありがとうございます。本当に光栄です」っておっしゃっていて。「あ、これが正しい感情だ」って、反省しました(笑)。

今回の舞台への意気込みを、お願いします。

三谷さんには「僕は、秋元さんが実は器用だということに気づいている。だから、いろんな役をやってもらいます」って言われたんです。少しずつセリフが増えたり重要な役をいただけたりして、台本を読むと“これに挑戦しなさい”って言われている気がします。今回も、その期待に応えて成長したいですね。

目的のために節制した生活には「生きてる!」という実感があります

Ca2802da 21be 4ca1 b119 fac1c8821d72

舞台期間中の体のケアは、どのようなことをされていますか?

やっぱり食生活含めて、規則正しい生活になりますね。夜早く寝て、しっかり睡眠をとって、舞台の始まる時間に合わせて時間を組んで行って。
ミュージカルのときは、喉にいいといわれる“スロートコート”っていうハーブティを飲んだり、プロポリスのスプレーを持ち歩いたり。加湿器や吸入器みたいなものも持って、常に喉を加湿しています。

ミュージカルの方って、やっぱりすごいんです。歌うための筋肉がついた“歌う体”になっているから、多少調子が悪くても声が出るんですよ。でも私はまだまだ発展途上の体で。日によって、すごくいい時とがらがらっとした声になったりとか、1日で変わるのですごく怖くて。

でもそうやって節制した生活って、ぎゅっと集中して「生きてる!」っていう感じが、すごくしますね。すごく…やだな、と思いながらも、好き好んでやってる感じはします(笑)。

舞台稽古で凹んだ時の、気持ちの立て直し方を教えてください。

私はお腹の中に溜めないので、ほんっとに仲良い友達にずーっと愚痴るとか(笑)。聞いてくれるほうは大変だと思うんですけど。あとは、ちょっと高いアイスを買って、食べて寝る!(笑)これは、読者のみなさんにもオススメです。

469d64ef 76fc 4ba1 9574 ab27289b521d

この秋、挑戦してみたいファッションはありますか?

ベタですけど、チェック柄。基本的にはスポーティでカジュアルな格好が好きなんですけど、チェックをどう私らしく、パンツスタイルでコーディネイトできるか。チェック柄で、リボンがついたちょっとフェミニンなシャツを、カッコよく着こなしたいなと思ってます。

舞台期間に限らず、美容や健康に関するマイブームを教えてください。

最近は、ロータスティ…蓮のお茶をよく飲んでます。肌とか、便通にいいっていうことで。私は全然便秘ではないんですけど、女性の方は多いと思うので、おすすめです。ファンの方から、下に茶葉を入れてお湯を注ぐタイプのボトルをいただいて、いろんなお茶っ葉を入れて持ち歩いてますね。

ファンの方からは、楽屋のれんを差し入れされたというInstgramの投稿もありました。秋元さんのファンは、どういう方ですか?

この質問は、初めてかも。私のファンの方は、真面目というか、まっすぐな方が多い気がします。家族でも友達でもない関係なのに、誰よりも私の体調を気遣ってくれたり、活躍を願ってくれたりしているな、って。

あとは、女性が多いですね。男性もいるとは思うんですけど、その方々は、秋元才加ファンっていうのを隠さなくていいと思います(笑)。たまに言われるんですよ。「実は一番好きだったんです」「え、なんでそれ隠すの!?」って。男性の数が絶対的に少ないので、私のファンになるなら、今は狙い目です(笑)。

デビュー当時は、握手会でファンが1人も並んでない時間っていうのがたくさんあったんです。他の列にはたくさん並んでるのに私の列だけ誰もいなくて、悔しいけどどうすることもできない期間があったので。支えてくださるファンの方は、本当に大切にしたいと思っていますね。

秋元才加さんの更に詳しいインタビューは、2018年11月号のHOT PEPPER Beautyにも掲載されています!街頭ラック等でGETしてね!

取材・文/江尻亜由子
撮影/岡田誠
スタイリング/加藤万紀子
ヘアメイク/中畑薫

プロフィール

あきもと・さやか 1988年7月26日生まれ、千葉県出身。AKB48メンバーとして活躍後、女優に。主な出演作に映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』日本語吹き替え、ドラマ『奪い愛、冬』『黒井戸殺し』他。

作品情報

三谷幸喜の新作ミュージカル『日本の歴史』を、東京・大阪で公演!

三谷幸喜作品としては久々の、オリジナル・ミュージカル最新作。中井貴一、香取慎吾、新納慎也、川平慈英、シルビア・グラブ、宮澤エマに秋元才加という7名で、日本史の登場人物50名以上を演じ分ける。2018年12月4〜28日に世田谷パブリックシアターにて東京公演、2019年1月6〜13日には梅田芸術劇場で大阪公演。

詳しい内容は、HOT PEPPER、HOT PEPPER Beauty2018年11月号【2018年10月26日(金)発行号】にてご覧ください♪

■詳しい内容はこちら ■もらえる場所はこちら

近くで見つからない…という方は、Fujisan.co.jpの無料配送をご利用ください!

■Fujisan.co.jpはこちら ※企画内容やタイトルは都合により変更になる可能性がございますのでご了承ください。 ※掲載が終了または一部掲載がない場合がございますのでご了承ください。
ヘアサロンを予約する

この記事が気に入ったらシェア

この記事のキーワード

この予約でキレイになるのだ! HOT PEPPER Beauty サロンはネットで予約

ヘアサロン予約なら

  • 「行きたい時間」「口コミ」「スタイリスト」から美容院が探せる

  • 「24時間いつでも」ネットで予約できる

  • 「クーポン」が使えて「ポイント」も貯まる

九州・沖縄 四国 中国 関西 北信越 東海 関東 東北 北海道

関連記事