憧れはかっこかわいいハイトーン!

カラーの流行はいつだってハイトーンカラー。 女子に大人気のピンクや赤系の暖色カラーから、個性的な印象のブルー系やオリーブ系のカラーまで、かわいいハイトーンカラーはカタログを見ているだけで楽しくなりますよね。 「誰とも被らない自分だけの色」を持つかっこいい女子は、憧れの存在です。

ハイトーンカラーはブリーチをするのが一般的。
しかしブリーチは髪の表面のキューティクルを剥がしてしまうので、髪に潤いがなくなり枝毛や切れ毛の原因に。
手触りもガシガシしてしまうので、ハイトーンカラーを今まで避けてきた女子も多いはずです。

この記事ではそんな女子のお悩みを解決する、「ブリーチなしでできるハイトーンカラー」についてお話します。
ブリーチをせずにハイトーンに染める際のポイントと、ブリーチいらずのハイトーンカラーを大公開。
かっこかわいいハイトーンカラーに挑戦したい方、要チェックです!

ブリーチなしハイトーンのポイント

知識のないままカラーをすると「こんな色のはずじゃなかった」「思ったより明るくない……」など、希望通りのハイトーンカラーがつくれないこともあります。 ブリーチなしのハイトーンカラーは、以下の2つのポイントに注意してみてください。

ポイント①:明るいトーンを選ぶ

「トーン」とはすべての髪色に共通する、髪の明るさの段階を示す単位です。
数字が小さいほど暗く、大きくなるにつれて明るい髪色を意味します。

地毛の黒髪は4〜5トーンで、6トーンから上がるに連れて明るい茶系になっていきます。
ブリーチなしでつくれる最大限のハイトーンは13〜14トーン。
15トーン以上はブリーチが必須であると言われています。


髪色を脱色することで、トーンアップを叶えるのがブリーチ。
しかしブリーチなしで明るい髪色にする場合は、カラーだけでハイトーンを実現しなければなりません。
希望の髪色に合わせて、できるだけ明るいトーンをチョイスするのがポイントです。

ポイント②:美容師さんに相談する

髪質や現在の髪色によって、ハイトーンカラーの染めやすさは異なります。
例えば、暗めの髪色や太めの髪質の人、黒染めをしている人は、色が入りにくい傾向に。
反対に、髪が細い人や現在のトーンが明るい人はハイトーンにしやすいことが多いです。

自分ができるカラーやトーンを知るために、まずは美容師さんに相談してみることが大切。
髪質や髪色によっては、「ブリーチしなければできない」と言われてしまうこともあるため、事前に話し合いをしておくと安心です。

予約の有無に関わらず、電話や美容師さんのインスタのDMで相談してみてください。
その際に髪質と今の髪色、カラー経験などを答えられるようにしておくとベストです。

ブリーチなしでもできる!おすすめハイトーンカラー大公開

ブリーチなしで染まりやすいのはピンクやレッドなどの温かみのある深いカラー。 同時に暖色系カラーは、2021年のトレンドでもあります。 そんな暖色系を中心に、ブリーチなしでできるハイトーンカラーをご紹介します。

オレンジ系

旬な女子になれるオレンジブラウン
今年は、オレンジ系の暖色カラーが大人気。 暖色系のカラーはブリーチなしでつくれることが多いです。 秋冬に向けて、オレンジブラウンにチェンジしてみませんか?
今季大人気のオレンジベージュ
暖色系カラーがトレンドの今、オレンジベージュはおしゃれさんに注目されているカラーの一つ。 トレンドを追いつつ、大人っぽさもゲットできる万能なこのカラーもブリーチいらずです。
太陽みたいなアプリコットオレンジ
まるで太陽のような暖かい明るさを放つアプリコットオレンジ。 もちろんブリーチなしでつくることができます。
2色の濃淡オレンジで個性的に
髪の表面には濃いめのオレンジを、内側にはインナーカラーとしてジューシーな明るめオレンジを入れています。 外ハネでインナーを見せれば、個性的なヘアスタイルで人の目をひくこと間違いなし。

ピンク系

女子力アップならチェリーピンク
はっきりしたピンクカラーなので、可愛らしさばっちり。 髪色をチェリーピンクに変えるだけで、外見も心も女子力アップができそうです。
優しい印象のコーラルピンク
ピンク系のカラーの中でも、コーラルピンクは温かく優しい印象を与えてくれます。 派手だったり主張が強めのピンクを避けたい方におすすめです。
モテ髪ピンクベージュもブリーチなし
透明感のあるこのピンクベージュも、ブリーチを使わずにつくることができるんです。 髪を傷めないので、艶も維持可能。 ゆるっと巻いて、ピンクベージュの可愛さアップ。
くすみピンクブラウンは外ハネで今っぽく
落ち着いた印象のくすみピンクブラウン。 外ハネなどの今っぽいスタイリングにトライしてみて。 暖色系カラーは肌のトーンもアップさせてくれますよ。

レッド系

ハンサムショート × 暖色でトレンドをおさえる
今季流行中のハンサムショートと暖色系カラーをかけ合わせれば、トレンド感溢れるヘアスタイルに。 派手な印象が気になる方は、前髪を長めにとって落ち着きをプラスするとよさそうです。
周りと被らないチェリーレッド
レッド系の中でも特にハイトーンなチェリーレッド。 髪質や元の髪色によりますが、ブリーチなしで染めることが可能。 個性的な分、周りと被ることがないので、あなただけのおしゃれを楽しむことができそうです。
レッドとピンクのミックス、チェリーブロッサム
チェリーブロッサムは、ピンクとレッドをミックスしたカラー。 ピンク味が強いので、女子っぽく可愛らしい印象に仕上がります。 おしゃれにスタイリングして、カラーの可愛らしさを活かしましょう。
光加減で様々な色になるレッドブラウン
おしゃれさんの間で人気の暖色系。 その中でもレッドブラウンは、太陽の光加減でレッド系にも、オレンジ系にも見える楽しいカラーです。

パープル系

パープルバイオレットは発色バツグン
ブリーチをしていない発色のいいパープルバイオレット。 個性的なカラーなので、ストリートカジュアルな服装にぴったりです。
自然体で可愛いブラウンパープル
パープル系ですが派手なカラーではないので、頑張りすぎないナチュラルな可愛らしさを演出。 太陽に透ける透明感も、ブリーチいらずで仕上げることができます。
明るめラベンダーはブリーチなしでつくる
ブリーチをしないとつくれないと思っていたハイトーンのラベンダーカラー。 実はブリーチをせずに実現できるんです。 自分の髪質や髪色でできるカラーは、美容師さんと相談してみてくださいね。
暗髪ラベンダーは色落ちが楽しい
暗髪のカラーですが、太陽の光でラベンダーカラーが透けるのが可愛いんです。 パープルは色落ちが汚くならずおしゃれカラーを維持できるので、大人な楽しみ方をしたい方におすすめです。

グレーやベージュの透明感カラー

初カラーはミルクティーベージュで
一年中流行りの可愛いミルクティー。 その中に落ち着きのベージュを入れれば、大人可愛いヘアカラーに。 挑戦しやすいのでカラー初心者さんにもおすすめです。
ブリーチなしだからできる艶っぽさ
ブリーチは少なからず髪を傷めてしまいます。 ブリーチを使わないで染めることのできるグレーベージュは、ダメージダウンで色も長持ち。 髪の艶を残したままかわいいカラーに仕上がります。
透明感代表!アッシュグレージュ
透明感といえばアッシュカラー。 くすみのグレー × 透明感のアッシュもブリーチなしでつくれちゃいます。 毛先を外ハネにして今っぽさも足してみて。
オリーブグレージュでふんわりボブになる
切りっぱなしのボブも、オリーブグレージュの透明感がプラスされるとふんわりした印象に。 重たいボブを卒業して垢抜けたい方にぴったり。

勇気を出して挑戦!

ブリーチなしでできるハイトーンカラーをご紹介してきました。 思い通りのカラーに仕上げるために大切なのは、できるだけ明るめのトーン選びと、美容師さんと相談すること。 注意点をしっかりチェックして、かっこかわいいハイトーンカラーの一歩を踏み出しましょう!

他のブリーチなしカラーをチェックするなら……

【2022年春】ブリーチなしで垢抜けカラーに!ヘアカラー初心者さん必見、透明感ばっちりの髪色特集

【2022年春】ブリーチなしで垢抜けカラーに!ヘアカラー初心者さん必見、透明感ばっちりの髪色特集

初めてのヘアカラー。印象はガラッと変えたいけど、いきなりブリーチはちょっと……という方も多いはず。そんな方におすすめなのが、ブリーチなしでできる透明感カラーです!髪色が透き通ったように見えるヘアカラーは、髪の毛を綺麗にみせてくれるのはもちろん、顔周りを軽快な印象にしてくれます。さらに、ブリーチなしカラーだとナチュラルだけど垢抜けた印象。イメチェンにはぴったりなんです♡色落ちしても綺麗な透明感カラーでみんなの「かわいい!」をゲットしちゃいましょう!

勇気を出してブリーチハイトーン!今季おすすめカラーはこちらから

今季はハイトーンカラーにトライしない?2021年、注目髪色ぜんぶ見せます!

今季はハイトーンカラーにトライしない?2021年、注目髪色ぜんぶ見せます!

透明感やツヤ感が手に入るハイトーンカラー。実はブリーチありでもブリーチなしでもOKなので、気軽にイメチェンできるヘアカラーなんです。今季注目のカラーと、おすすめアレンジ方法をご紹介。勇気が出なかった子も、これでハイトーンデビュー!