ヘアカラーの悩み……根元がプリンになっちゃう

ヘアカラーをする人の共通の悩み。 それは少しでもお手入れを放置すると根元がプリンになってしまうこと……。 特にブリーチをしたハイトーンや個性的なカラーでは、根元のプリンが目立ちやすくなってしまいます。 あまり美容院にいけない今はより悩ましい問題ですよね。 そこでおすすめしたいのが「シャドールーツ」メニューを取り入れること。 ハイトーンを楽しみたいけれど、すぐプリンになってしまって困る…という人にぴったりなんです。

シャドールーツでプリンを活かす!

プリンを活かして作るカラースタイルがシャドールーツ。 シャドールーツはもともと海外のおしゃれさんたちが始めたスタイルで、ハイトーンカラーにあえて根元暗く染めるカラーリング方法です。 日本人が悩むプリンヘアをあえて作ってしまうものになりますが、根元から毛先にかけてのカラーの移り変わりが自然になじみ、陰影がつくので、一歩先のおしゃれを楽しみたい人におすすめのスタイルなんです。

シャドールーツってどんなカラー?

シャドールーツは、明るく染めた髪の根元を中心に、コントラストを付けたカラースタイル。 自然な陰影がつくので、カラーリングだけで立体感を出せます。 また、もともとの地毛が暗い人にとっては、カラーリングのあとに根元が伸びてきても、自然におしゃれなスタイルを保てるところが一番のメリット。 なかなか美容院に行けない時期でもおしゃれなスタイルをキープできるため、おしゃれさんの中でじわじわと注目が集まってきているんです。

バレイヤージュとの違いは?

バレイヤージュはフランス語で「ほうきで履く」という意味をもつカラーリング方法。 部分的に明るい色を入れていくハイライトの一種で、髪の表面に明るいカラーをさっと入れることで、立体感を出すヘアスタイルになります。 一方でシャドールーツは、髪全体を明るくした状態から根元に暗い色を入れて、立体感をつくっていくスタイル。 どちらも立体感のあるおしゃれなスタイルですが、カラーリングの仕込み方が異なります。 シャドールーツに違うカラーでバレイヤージュを入れていく組み合わせのスタイルも人気がでてきているので、美容師さんと相談しながらカラースタイルを作っていくのも楽しみの一つです。

色落ちするとどうなる?

シャドールーツは、一度髪全体を明るくしてから陰影をつけていくため、日本人の髪質に多い赤みやオレンジみが最初からしっかり消えている状態になっています。 そのため、色落ちしても赤みが出てくることなく、キレイに色落ちしてくれるのがうれしいポイント。 透明感や透け感を保ったまま長い間カラーリングを楽しめるので、しばらく美容院に行けなくても安心です。

オーダーするときのポイントは?

シャドウルーツはどんな長さの髪でもできるのがポイント。 美容院でオーダーするときは、なりたいイメージに近い画像をいくつか持っていき、イメージを見ながらカラートーンを細かく相談していくのがベストです。 一度ブリーチをして均一に髪を明るくし、そこからカラーをいれていくので、カラーの微調整が得意なスタイルでもあります。 根元のダークカラーはどのくらいの範囲染めるのか、最終的な仕上がりのカラーはどのくらいのトーンが良いのか、あらかじめ自分の中で希望を固めてからいくと失敗せずに仕上がります。

レングス別おすすめシャドールーツカタログ

ここからは、髪の長さ別におすすめのシャドールーツスタイルをご紹介していきます。

ショート

スタイリッシュ丸みショート
くすんだ色味かかわいいシャドールーツスタイル。 根元の髪は地毛に近いトーンに染めることで立体感のあるスタイルに。 襟足がすっきりしたくびれショートはスタイリングで濡れ感をプラスするのがポイント♡
抜け感ツヤショート
ハイトーンのオリーブグレージュカラーも、シャドールーツにすることで深みと立体感がプラスされます。 襟足は耳下にかけてくるんとおさまるようにカットし耳掛け。 女っぽさ抜群のショートスタイルです。
前下がり丸みショート
表面の髪以外を暗めのトーンに染め、立体感を出した前下がりショート。 襟足を狩り上げ、後頭部に丸みが出るようにカットすることで頭の形が良く見えます。 オイルを手に馴染ませ、手櫛で筋っぽく整えれば完成♡
大人見えショート
ツヤ感たっぷりのイルミナカラーで全体を染め、シャドールーツにしたショートスタイル。 根元をジグザグに分けることでカラーコントラストがきれいに見え、こなれ感抜群に。 前髪は長めのシースルーにするのが◎
シルバーショート × シャドールーツ
ネオウルフカットしたショートにシルバーカラーを入れ、内側と根元を暗くしたスタイル。 ブリーチをしっかり入れてからのシルバーショートはツヤ感たっぷり。 ハイトーンもシャドールーツと掛け合わせることでなじみの良いカラーになります。

ボブ

ピンクミニボブ
ブリーチ × ピンクカラーをしたミニボブから3か月後のお直しでシャドールーツを入れたスタイル。 ブリーチを入れてしばらく経ってからでもなじみよくカラーリングできるのがシャドールーツの良いところ。 根元をぼかすのでもともとのピンクカラーを生かしたボブスタイルに。
立体感シャドールーツ
ブリーチ後にダークアッシュを入れた透明感抜群のストレートボブ。 ダークアッシュを入れた後にシャドールーツを入れることで、カラーリングだけでコントラストのしっかりした立体感のあるスタイルに。
ユニコーンカラー × シャドールーツ
手を出しにくいユニコーンカラーもシャドールーツと組み合わせれば浮かずになじみの良いスタイルに。 全体を外ハネしただけのスタイリングでも立体感が出ます。
切りっぱなし前下がりボブ
襟足から顎にかけて一直線になるようにカットした前下がりボブ。 オイルをなじませるだけのスタイリングでも立体感抜群です。
オリーブカラーのシャドールーツ
暗いカラーの範囲を広めにとったシャドールーツスタイル。 もともとブリーチが入っているので、暗い範囲が広くても光の当たり具合で透明感のあるおしゃれスタイルに。 長く楽しめるスタイルです。

ミディアム

シャドールーツグラデーションカラー
ミディアムくらいの長さがあるとシャドールーツの入れ方次第でグラデーションスタイルにも。 レイヤーをたっぷり入れることで動きのある軽やかなスタイルに仕上がります。
立体感ワンレンミディ
シャドールーツとバレイヤージュを組み合わせたおしゃれスタイル。 根元付近にシャドールーツを入れ、中間から毛先にバレイヤージュを入れることで、立体感と動きのある外国人風スタイルに仕上がります。
バレイヤージュ × シャドールーツ
根元から中間にかけてはシャドールーツで柔らかな立体感を、中間から毛先にかけてはバレイヤージュでデザイン性のあるカラーリングをしたスタイル。 組み合わせでカラーリングすることで根元から毛先まで自然になじむカラースタイルを楽しめます。
立体感ミディ
根元を中心にシャドールーツを入れ、全体を緩い波巻きにした立体感ミディ。 後ろ姿までラフでおしゃれな印象を与えるスタイルの完成です。
上品グレージュスタイル
落ち着いた印象にしたいならグレージュ × シャドールーツが正解。 暗いカラーリングの範囲を広めにとり、仕上げに3Dハイライトを入れることで落ち着いた印象を与えながらもおしゃれで上品なスタイルに仕上がります。

ロング

バレイヤージュ × シャドールーツ
バレイヤージュカラーをベースに根元だけシャドールーツにしたスタイル。 全体のまとまりがよく、360度美人スタイルが叶います。 全体を巻いたらオイルを手ぐしで全体に馴染ませ、ツヤ感を出すのがポイントです。
ツヤ感抜群シアカラー
落ち着いていながらも発光しているかのようなツヤ感が魅力のココアブラウンカラーはブリーチを入れてからかぶせるのがポイント。 シャドールーツを入れ、根元を自然にぼかすことで全体のまとまりも良くなります。
アッシュシャドールーツ
かなり明るいハイトーングレージュを全体に入れたら根元にシャドールーツを入れ、そのままグラデーションカラーのように毛先の中間まで色をなじませれば完成。 スーパーハイトーンカラーこそシャドールーツを入れることで日本人の顔立ちにもなじみやすく長く髪色を楽しめます。
逆バレイヤージュ × シャドールーツ
数回ブリーチを重ね、コントラストの強弱を強めにつけたバレイヤージュ × シャドールーツスタイル。 しっかり髪色を抜いてから色を重ねるため、シャドールーツの範囲が広くても透明感や柔らかがしっかりと出て毛先のカラーとの馴染みがよくなります。
グレージュカラー3Dスタイル
ハイトーンにしても上品な印象を残すグレージュカラーで作るシャドールーツスタイル。 毛先をワンカールした後、表面の毛束を細くとり、ランダムに巻くだけで立体感抜群のロングスタイルが出来上がります。

プリンはシャドールーツでおしゃれに変換♡

せっかくブリーチしたおしゃれカラー、プリンになってきたな……と思ったらプリンを生かしてシャドールーツにするのもひとつの手。 最近じわじわと注目を集めているカラーリング方法なので、いち早く取り入れておしゃれを楽しむのもおすすめです。 最初からシャドールーツにするのも、すでにブリーチして伸びてきた髪で楽しむのも、どちらもできるのがシャドールーツの魅力。 暗いトーンの範囲や、最終的な仕上がりなど美容師さんと相談しながら伸びかけヘアをおしゃれにアップデートして。