エクステってなに?

エクステの特徴について

「エクステ」とは「ヘアーエクステ」を省略した言葉。 髪の毛に付ける毛束(付け毛)のことや、その施術自体を指しています。 エクステによって髪を長くしたり、差し色を楽しんだりしてスタイルチェンジできるのが特徴です。

エクステの持ちはスタイルや髪質によって個人差がありますが、一般的には1~3ヶ月ぐらいが目安となります。 ヘアスタイルが崩れたり、エクステが絡みやすくなってきたら付け外しの時期です。

みんなはエクステをどんな時に使っているの?

ショートヘアからロングへ劇的イメチェン
エクステのニーズは、ショートヘアさんなど髪が短い方に多いのが特徴。 ロングヘアまで髪を伸ばすのが待ちきれない!というショートさんでも、エクステを使えば長い髪へと劇的なイメチェンが叶えられます。
ポイントカラーとして取り入れる
目立つ色のエクステを部分的に装着すると、ポイントカラーとして楽しむことが可能です。髪全体は落ち着かせつつも遊び心をプラスしたい!という女性のニーズにも応えられるのがエクステのいいところ。

セルフと美容院、エクステの違いは?

セルフはエクステの種類が限られる
エクステはセルフで行うこともできますが、種類が限られます。 セルフでもできるのは主に、シールを使ってエクステを装着する「シールエクステ」、金属チップで挟んで固定する「金属チップ式エクステ」、編み込んで装着する「編み込み式エクステ」の3種類ほどです。
セルフは自分の腕次第で仕上がりが違う
手先が器用な方ならセルフでもキレイに仕上げることができるかもしれませんが、後ろなど見えにくい部分の装着はとても大変です。 慣れるまで時間もかなりかかってしまうことでしょう。 また、自分で行うとエクステ1つ1つの装着にバラつきが出てしまいがちなのが悩ましいところです。
美容院なら選べる種類がたくさんある
美容院では、超音波を利用して装着する「超音波エクステ」や特殊な紐で地毛に直接取り付ける「プルエクステ」という種類もあります。 エクステの種類が豊富なので、自分の髪の状態やシーンに合わせて選べるのがうれしいポイントです。
プロの技術で早くキレイにできる
美容院でエクステを装着してもらうメリットは、自分で行うよりも早くてキレイに仕上がること。 セルフでするよりもおしゃれな髪型が長持ちしますよ◎

初心者におすすめ!エクステの種類

前髪やサイドにおすすめの「シールエクステ」
シート状の小さなシールを使ってエクステを装着するのが「シールエクステ」です。自然に仕上がるので初心者でも挑戦しやすく、前髪やサイドの髪にエクステを付けるときに適しています。ただ、熱に弱いのでヘアアレンジを楽しみたい方は物足りないかもしれません。
時短で装着&お手入れ楽ちんな「プルエクステ」
特殊な紐で地毛に直接取り付けるのが「プルエクステ」。 根元の接続部分は、およそ2ミリほどと小さく、取り付け時間が短くてすみます。 しっかりと装着されるので、エクステの扱いに慣れていない初心者の方が根元からゴシゴシ洗っても大丈夫。 お手入れも楽ちんなのがメリットです。 デメリットはグルー部分が少し硬くなること。

エクステにかかる金額は?

シールエクステとプルエクステの場合、値段は1本400円ぐらい。 通常は40~60本ほど必要になるので、16,000~24,000円ぐらいの料金です。 もちろん、毛量などによって本数は変わります。 なお、一般的には取り外しにも3,000円ほどかかりますので覚えておきましょう。

はじめてエクステの前に、知っておきたいこと

エクステ前の注意点

髪はある程度伸びていないとダメ
エクステをする前に知っておきたいのが、必要な地毛の長さについて。 襟足が極端に短いベリーショートさんなどは、トップやサイドにエクステを装着してなじませようとすると、襟足が浮いたような不自然な髪型になってしまうことも。 そもそも髪が短すぎて装着できないということもあるので、事前にショートボブ程度に髪を伸ばしてから美容院に行くのがベターです。
仕事柄髪を結ばないといけない方は注意
職場の規定で毎日髪を結ばないといけない方は、エクステを装着している部分が見えてしまうということを念頭に。 また、シールエクステの場合は、結んだ時に髪を引っ張ることによって取れやすくなってしまうというデメリットもあるので、注意が必要です。
肌が弱い方はかぶれるおそれも……
エクステを装着すると、洗髪がいつもより大変になります。 頭皮を優しくモミ洗いするのですが、この時、装着部分に洗い残しがたまってしまうと肌荒れを引き起こす原因に。 肌が弱い方はエクステを装着するのが難しいかもしれないので、注意しておいてください。

エクステを装着した後の注意点

エクステにはケアが大切!
エクステをキレイに長持ちさせて、自毛を傷めないためには、きちんとケアしてあげることが大切です。エクステの表面はさらさらになるようにコーティングがされています。このコーティングが剥がれてしまわないように、ケアするのがポイント!
髪を洗うときの注意点
髪を洗うときには、エクステ部分と自毛の部分を一緒に洗ってしまってはいけません。まずは、エクステ部分だけトリートメントをします。次に自毛部分をシャンプー。エクステがとれてしまわないように優しく洗うようにしましょう。
トリートメントをしっかり
丁寧にシャンプーをしたあとは、一度しっかりすすぎます。とくに、エクステを付けている部分はシャンプーが残らないように注意して。そのあと、自毛とエクステ部分の両方にトリートメントをします。最後にコンディショナーでコーティングして完了です。
髪を乾かすときの注意点
髪を乾かすときは、タオルとの摩擦によってエクステのコーティングを落としてしまわないように、優しく丁寧に水分を拭きとるようにしましょう。 ドライヤーの前には洗い流さないトリートメントを塗布することも忘れずに。ドライヤーの風は、上からあてるようにして、髪のキューティクルが逆立ってしまわないように注意してください。
寝るときの注意点
就寝時にも手抜かりなく気を付けることでエクステの持ちをよくすることができます。やわらかな風合いの枕カバーを使ったり、髪をゆるめに三つ編みしたりして、枕との摩擦で生じるダメージを軽減できるように努めましょう。

人気のエクステスタイルをチェックしよう!

まわりと差の付く♡エクステを使ったおしゃれなボブヘア

シールエクステでクールなぱっつんボブ
ニュアンスハイトーンでクールなぱっつんボブヘア。 髪がフェイスラインにかかるように仕上げるために、顔まわりにエクステをプラス。 前髪はくるんとガーリーに仕上げることで、女の子らしさも忘れないようにしています。
カラーで遊び心をプラスしたレイヤーショート
段差を付けてカットするレイヤースタイルのショートヘア。 パープルなどの華やかなエクステでワンランク上のおしゃれ髪に格上げ! エクステを入れる位置を工夫すれば、フォルムにほどよい重さが出てバランスよく仕上がります。

しっとりフェミニンに仕上がるエクステのミディアムヘア

サイドにエクステを付けてボリュームアップ
ランダムに散らした毛先のラフな無造作感が大人かわいい雰囲気をかもし出しています。エクステでサイドをボリュームアップすることで、ふわっとしたくせ毛風ウェーブが引き立てられて、よりリラクシーでおしゃれなスタイルに。
アッシュカラーの無造作束感ミディ
アッシュカラーをベースに、毛先にイエローを施したかわいいミディアムヘア。 しっかりほぐしつつも、束感を付けて仕上げることで、垢抜けした大人のゆるふわミディを叶えています。

女っぽさただようセミロングのエクステスタイル

増毛デザインエクステでボリュームを調整
ストレートヘアでボリューム不足だと、フォルムがキレイに仕上がりません。 そこで、増毛デザインエクステをほどこして、トップからバック、サイドにかけての全体的なシルエットを美しく調整。ほどよいボリュームが生まれます。

ロングのエクステで変身願望を叶えよう♡

ナチュラルに楽しめる「超音波エクステ」
超音波を発生させる専用のマシンを使って、エクステを装着する方法です。装着部分の違和感がなく、自然に仕上がり、シャンプーなどのケアも簡単です。ただし、コストは高めで、カラーが限られているというデメリットがあります。
ハイライト&グラデーション効果をプラス
シールエクステを60本ほどこして、肩上ボブから35cm長さを出したスタイルです。エクステのカラーを変えて、ハイライト効果やグラデーション効果を狙っています。絶妙な色合わせやカラー配分のおかげで、こなれ感たっぷりに仕上がっているスタイルです。

結婚式やパーティーにもおすすめなエクステスタイル

エクステを使うとまとめ髪の種類が増える
エクステは、結婚式やパーティーなどのシーンにも活躍します。ショート~ミディアムヘアくらいの方がまとめ髪アレンジで出席したいと思ったら、エクステを装着してロングヘアになっちゃいましょう♪まとめ髪のアレンジの幅が広がりますよ。
プルエクステで巻き髪も美しくキープ
フェミニンなイメージに決まるハーフアップアレンジは、お呼ばれにぴったりなヘアスタイルです。髪の長さが足りないというときは、エクステを装着すればOK。プルエクステなら巻き髪がキレイで長持ちするのでおすすめです。

“劇的イメチェン”も“ほんのりイメチェン”も「エクステ」にお任せ♡

エクステを使えば、いろいろなヘアスタイルが今すぐに叶います。 イメチェンしたいときにはもちろん、ボリュームアップしたりカラーをプラスしたりすることで、今のヘアスタイルをアップグレードすることも可能。 自毛との相性やアフターケアなどの注意点もおさえつつ、エクステを使ったヘアスタイルを楽しんでみてはいかが?