ヘアケア

傷んだ髪をレスキューせよ!うるツヤ髪のための【はじめてトリートメント】講座

こなみ こなみ
2019年10月23日 更新
656

長い夏休みや連休でたっぷり遊んだみなさん!あなたの髪、悲鳴をあげていませんか?気づいたときにはパサパサ、チリチリ……これではおしゃれも思うように楽しめない!そんな髪をレスキューには「トリートメント」が効果的です。女子のお悩みを解決する企画【はじめてビューティー】シリーズ、第五弾は【はじめてのトリートメント】について特集していきます。

目次
  1. 夏や秋でたっぷり遊んだら……髪の毛のケアはマスト!
  2. 今更聞けない、トリートメントのあれこれ
  3. セルフトリートメントのメリットは?
  4. サロントリートメントのメリットは?
  5. トリートメントを使って、モテるうるツヤ髪にチェンジ♡

夏や秋でたっぷり遊んだら……髪の毛のケアはマスト!

ビューティーマガジン読者のみなさん!今年の夏は、いかがお過ごしでしたか?
夏といえば海、フェス、バーベキュー……屋外のイベントが多いもの。
きっとアクティブに過ごされた方が多いでしょう。

さて、ここでみなさんに質問!
みなさんは夏が過ぎてから、髪の毛のケアを念入りにしましたか?
遊ぶのが楽しくなって、ついつい簡単なケアで終わらせていませんでしたか?
紫外線の刺激や乾燥が続く夏から秋……遊んだ後は髪の毛のケアがマストなんです!

ふと気がつけば、髪の毛がパサパサギシギシ……これじゃあモテない!
そこで今回は、そんな髪をレスキューする「トリートメント」についてご紹介。
モテ髪を手に入れるためのトリートメントのイロハを学びましょう。

今更聞けない、トリートメントのあれこれ

そもそも「トリートメントってリンスと何が違うの?」と思っている方も多いかも。

トリートメントとは、髪の内部に水分や油分、栄養などを与え、健康的に保つためのもの。
リンスは髪の外側のキューティクルを保護するものなので、まったく別。
長くうるツヤ髪を保つには、髪を内側から強くする、トリートメントの存在が欠かせないのです。

トリートメントの種類

トリートメントには、テクスチャーごとに4つの種類があります。
それぞれメリットも違うので、自分にあったものを選びましょう。

・ミルク(クリーム)トリートメント
ヘアミルクなどとも呼ばれるトリートメント。
水分量を多く含み、髪のパサつきを抑えてくれます。
仕上がりはしっとり系、元の髪がしっかりしている方や、カラーやパーマで硬くなっている人におすすめです。

・オイルトリートメント
文字通り油分を多く含むトリートメント。
重みのある仕上がりになり、表面にツヤがでます。
広がりを抑える効果もあるので、髪の毛が軽く広がりやすい方に人気!

・ジェルトリートメント
油分と水分を程よく含むのがジェルタイプのトリートメント。
髪になじませやすく、さらっとした仕上がりを作ってくれます。
重たい仕上がりはちょっと……と思っている方におすすめ!

・ミスト(スプレー)トリートメント
振りかけるだけで、さらっと仕上がるトリートメント。
髪がべたつくのが苦手、という方に人気のアイテムです。
ささっと使うことができるので、朝の寝癖直しにも最適♡

トリートメントはどこでする?

ヘアトリートメントをする方法は、主に2つ。

・自宅で市販のアイテムを使ったセルフトリートメント
・美容院に行ってプロにやってもらうサロントリートメント

どちらもメリットが違うので、それぞれご紹介していきます。

セルフトリートメントのメリットは?

自宅で行うセルフトリートメントは、なんといってもハードルの低さ!
毎日サロンに向かうのは難しいからこそ、日々のシャンプーに合わせて、コスパよくヘアケアをすることができます。

使うトリートメント剤にもよりますが、サロンに行くよりもお手頃になることがほとんど。
今は市販のトリートメントも充分効果が高いので、忙しい子やじっくり髪を労りたい子におすすめです。

トリートメントの選び方

トリートメントには、テクスチャーの他にもう一つジャンルが分かれています。
それが、「洗い流すか、洗い流さないか」の違いです。

洗い流すトリートメントは、シャンプー後に揉み込み、時間を置くことで浸透させるもの。
洗い流さないトリートメントは、その成分に加え、ダメージから髪を守る効果を持っています。
お風呂の中と外で使うものなので、インバストリートメント、アウトバストリートメントとも呼ばれることも。

トリートメントでは、髪の毛を守る成分を含むため、洗い流さないトリートメントに目が行きがち。
ですが髪の毛をウルツヤに保つなら、浸透しやすい洗い流すトリートメントも併用して使うのがおすすめです♡

編集部おすすめ!すぐ買えるトリートメント

はじめてきちんとヘアケアするなら、まずはすぐ手に入る市販のアイテムから!
ここからは、セルフケアにおすすめの市販トリートメントをご紹介します。

ミルク・クリーム系トリートメント

ハニーチェ クリーミーハニー ヘアマスク

SNSでも支持率の高いヘアマスク。
濃密クリームの中に、ハチミツ由来のケア&予防成分が入っていて、しっかりうるツヤ髪に。
甘いはちみつの香りがモテ髪に導きます♡
クリーミーハニー ヘアマスク / ハニーチェ

ヘアトリートメント Nighty night

ビューティーサロン「uka」のトリートメントは、夜のバスタイムにぴったりなウッディーノート。
自然由来の成分がまとまりやすい髪作りに貢献します。
ヘアトリートメント Nighty night / uka

オイル系トリートメント

SHEA OIL

スタイリング剤が人気爆発中の N.(エヌドット)。
SHEA OILは、髪や頭皮に負担をかけず、高い浸透力で潤いを満たしてくれます。
ホワイトフローラル、女子好みの清楚な香りです。
SHEA OIL / N.
*サロン専売品です。

ミスト系トリートメント

サボン ヘアミスト

シュッと吹きかけるだけで、潤い補充と香りづけができてしまうSHIROのヘアミスト。
優しく香るサボンの香りは、男性にも女性にも愛される好かれヘアを作ってくれます。
サボン ヘアミスト / SHIRO

サロントリートメントのメリットは?

「じゃあセルフトリートメントで充分なんじゃない?」と思ったあなた、それは間違い!
トリートメントには、サロンで行うからこそのメリットもあるんです。

サロントリートメントのメリットは、ズバリプロの手が入るからこその相乗効果!
セルフだけでは防ぎきれない髪のダメージや水分不足、プロに診断してもらうからこそ、より自分にあったトリートメントケアをすることができます。
またカラーやパーマをしている方にとっては、色や形を保ったまま、トリートメントができるメリットもあります。

値段相場は?

Lila by afloat 吉祥寺【レイラバイアフロート】

サロンで行うトリートメントは、お店にもよりますが、単体で3000円~5000円が相場。
質の高い物を選ぶとなると、10000円以上の値段になることもあります。

でも実は、トリートメントだけでなくカットやカラー、パーマの値段を含んでいるサロンがほとんど。
多くの美容室では、スタイルチェンジのタイミングでトリートメントをおすすめしています。

サロンでのトリートメントもちは3ヵ月程度ですから、「カラー&トリートメント」や「パーマ&トリートメント」などを選ぶ方が、比較的お得にトリートメントを受けられちゃうんです。

トリートメントを使って、モテるうるツヤ髪にチェンジ♡

するっとした指通り、風になびく柔らかな髪質。
うるツヤ髪でいることは、それだけで清楚なイメージを与えてくれます。

髪のお手入れこそ、愛され印象を作ることへの近道!
そのためには、やはりトリートメントが欠かせません。

お家で、サロンで。
毎日丁寧にケアして、理想のモテ髪になっちゃいましょう!

この記事のキーワード

この記事が気に入ったらシェア

九州・沖縄 四国 中国 関西 北信越 東海 関東 東北 北海道
HOT PEPPER Beauty 学割

ヘアサロン予約なら

HOT PEPPER Beauty
  • 「行きたい時間」「口コミ」「スタイリスト」から美容院が探せる
  • 「24時間いつでも」ネットで予約できる
  • 「クーポン」が使えて「ポイント」も貯まる

関連記事

公式アカウントもチェック!