インタビュー

佐久間由衣&森山未來インタビュー「誰しも“隠れビッチ”な要素は持っているはずです」

2019年11月29日 更新

映画『“隠れビッチ”やってました。』で映画初主演を務めた佐久間由衣さん。最初は大胆なタイトルと激しすぎる役柄に戸惑ったそう。そんな激しい役の彼女を優しく包みこむ男性を演じた森山未來さんとの対談インタビューでは、“隠れビッチ”について熱く語ってもらいました。

目次
  1. “隠さないビッチ”のほうがリスクを背負っていて魅力的に感じる(森山)
  2. 未來さんの演技から顔までずっと観察して勝手に緊張していました(佐久間)

“隠さないビッチ”のほうがリスクを背負っていて魅力的に感じる(森山)

インパクトのあるタイトルですが、そもそも“隠れビッチ”ってなんですか?

【佐久間】 映画で描かれている“隠れビッチ”は好きでもない男性にボディタッチをしたり、気があるようなフリをしたりして、男性から告白されたら振ってフェードアウトする女性のことです。私が演じた、ひろみは恋愛をゲーム感覚で捉えていて、告らせて満足して終わりという…。

【森山】 一見、清純派っぽく装っているから余計“隠れ”感がある女の子なんですよ。

でも、女性って誰しもどこか“隠れビッチ”的な要素は持っている気します。

【佐久間】 私もそう思います。自分が好意を持った人からは好かれたいと思いますし、好きになってもらうために「こんなふうに話そう」とか「こんな服を着て行こう」とかある程度考えて動くと思います。

【森山】 今の複雑な社会の中で誰に対してもひとつのキャラクターを貫くって難しいよね。好きな人や恋人と関わるにしても、仕事にしても、友人にしても、相手に合わせて自分を少しずつ変えているからこそ円滑な人間関係が築けるんだろうし。

【佐久間】 そうですよね。ただ、ひろみは好きでもない人に対しても、好かれたいと思って行動しちゃうところが“ビッチ”なんでしょうけど。

【森山】 でも、隠さないビッチのほうがおもしろいよね。どんどん“隠れ●●”が増えてきている気がするから。周りにどう思われても「私はこれがやりたい」と堂々と言える人が減ってきている。そういう人って得るものも失うものも多いだろうけど、リスクを背負っている人って魅力的だと僕は思う。

森山さんは周りに“隠れビッチ”がいたら気が付くと思いますか?

【森山】 気が付かないと思います。

【佐久間】 そうですか? 未來さんすぐに気が付きそう…。

【森山】 気が付いたとしても、それで嫌いになったりはしないかな。そういうアプローチを取る人なんだなと思うぐらいで。そのアプローチにハマってしまえばそれでいいですし。

未來さんの演技から顔までずっと観察して勝手に緊張していました(佐久間)

佐久間さんはこの作品が映画初主演ということですが、大変だったことはありますか?

【佐久間】 大変なことだらけで何から言えばいいのか…って感じです。一番大変だったのは、ひろみはいざ付き合った相手にはとことん依存して、思い通りにしようとする我の強さがあって、泣き叫んだり相手を怒鳴るシーンも多くて。基本的にテンションが高いので、常にスイッチを入れて挑まないといけないのは苦労しました。

【森山】 まぁ、怒鳴られるのは主に僕なんですけど(笑)。

気の強いひろみに、森山さんが演じる三沢が詰められるシーンが多かったですもんね。三沢はひろみとは反対で、一見、普通の男性ですが森山さんはどう演じようと思いましたか?

【森山】 一見、普通に見えるんですけど、隠れビッチとわかってもひろみに恋をして受け入れる三沢という男は普通じゃないんだろうなと考えていました。この作品は実話なので、実際の三沢のモデルになった男性の過去や背景、精神状態などを想像しながら演じました。

【佐久間】
監督からは「森山くんをたくさん観察しなさい」と言われていて、ずっと見ていたんです。ひろみが一方的に感情をぶつけるシーンでも、それを受け止め続ける三沢を「あぁ、こういう男性、いるよな」と思わず感情移入しながら見ていました。未來さんとお芝居するシーンはたくさんのことを学ぶとともに、とにかく緊張してしまって。撮影以外ではフランクに話をしてくださっていたんですけど、いざ撮影に入るとガクガクヒリヒリするような緊張感で。その感覚は今でも思い出せるほど鮮明に残っています。

【森山】 俺、そんなに緊張させるほど、何かした?

【佐久間】 何ってわけではないんですけれど…。個人的な話なんですが、これまで未來さんが出演された作品を拝見していたので緊張感はずっとありました。未來さんって生き様が顔に出ている聡明で美しいお顔ですよね。だから、お芝居中にまじまじと観察してしまって余計緊張してしまうという…。

【森山】 知らなかった、観察されていたんだ(笑)。

プロフィール

サクマユイ/1995年3月10日生まれ。2014年女優デビュー。NHK連続テレビ小説『ひよっこ』で注目を浴びる。現在は日本テレビ系10月期日曜ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』に出演中。待機作に映画『屍人荘の殺人』がある。

モリヤマミライ/1984年8月20日生まれ。現在、大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に出演中。待機作に『オルジャスの白い馬』がある。

PR

『“隠れビッチ”やってました。』
12月6日(金)全国ロードショー

26歳の独身女・ひろみ(佐久間由衣)は好きでもない男をその気にさせて振る“隠れビッチ”。職場で出会った安藤(小関裕太)に本気で恋をするが、うまくいかずに落ち込む。そんなとき、すべてをさらけ出した三沢(森山未來)と付き合いだすことになり、これまでの過去と向き合い本当の幸せを模索し始めるが…。

■ スタッフクレジット
構成/堀内章加 取材・文/中屋麻依子 撮影/斎藤裕也(t.cube) スタイリング/木津明子【佐久間由衣】、杉山まゆみ(星野事務所)【森山未來】 ヘアメイク/冨沢ノボル【佐久間由衣】、uenochika【森山未來】 メイク/HIROKI(FIVEISM×THREE)【森山未來】

編集部
編集部

HOT PEPPER Beauty 編集部です。

この記事が気に入ったらシェア

九州・沖縄 四国 中国 関西 北信越 東海 関東 東北 北海道
たとえばカット・ネイル・まつエクがおトクに! おトクに、かわいくなっとく? HOT PEPPER Beauty 学割

ヘアサロン予約なら

HOT PEPPER Beauty
  • 「行きたい時間」「口コミ」「スタイリスト」から美容院が探せる
  • 「24時間いつでも」ネットで予約できる
  • 「クーポン」が使えて「ポイント」も貯まる

公式アカウントもチェック!