ダブルカラーってどんなメニュー?

新しい髪色にしたくてヘアカラーのカタログを探していると「この色はダブルカラーで作ります」なんてコメントに出くわすこともありますよね。
ダブルカラーとは、その名の通り、2段階で行うカラーリングのこと。
一般的に、髪をブリーチで脱色して、そのあとヘアカラーで色を入れていくメニューを指します。

ブリーチをすることで髪のトーンが明るくなり、しっかりとした発色と透明感が作れるのが特徴です。

通常のヘアカラーとの違いは?

通常のヘアカラーとの違いは、その工程の数にあります。

みなさんがよく聞くヘアカラーは、ワンカラー(シングルカラー)と呼ばれるものです。
髪にカラー剤を乗せてから放置し、シャンプーで洗い流して仕上げに移っていくのが工程の1連の流れになっています。

ダブルカラーは、薬剤を乗せてから洗い流すまでの工程を2つ踏みます。
まずブリーチで髪の色を抜き、シャンプーで洗い流す、その後にカラー剤を乗せて放置し洗い流すという流れです。

ブリーチなしのダブルカラーもある?

なぜ、最初にダブルカラーの説明で“一般的”と伝えたかというと、サロンによってはブリーチをしないダブルカラーもあるからです。
ブリーチをしないダブルカラーは、異なるカラーを2段階に分けて重ねるメニュー
1度目のカラーで髪を明るくし、2回目のカラーで色を入れます。

出来上がりのトーンはブリーチをするダブルカラーよりもやや暗めですが、しっかり発色するのが特徴。
ただ、ブリーチをしないダブルカラーは比較的新しい技術のため、行っているサロンが限られる場合があります。

ダブルカラーのメリットとデメリット

一度ブリーチを取り入れるダブルカラーには、通常のヘアカラーにはないメリットがあります。 反面、髪を大事にしている人にとってはデメリットになる側面も。 ここでは、ダブルカラーがもつメリットとデメリットについて解説します。

ダブルカラーのメリット1:カラーの発色が良い

ダブルカラーは一度抜いてから染めるので、明るめの色も暗めの色も、地毛の色にあまり左右されずに発色させることができます。 何といっても発色が良く、カラーによっては色の抜け方も素敵に。 髪の色素を抜いていくと、黒髪から茶髪、金髪のように、次第に髪色が薄くなっていくため、おのずとヘアカラー本来の色味が出やすくなるのです。

ダブルカラーのメリット2:ハイトーンカラーが再現しやすい

ブリーチをすることで、土台の髪のトーンがかなり明るくなります。 乗せるカラーによっては、トレンドの透明感あふれるハイトーンも実現可能なんです。

ダブルカラーのメリット3:カラーを選ぶ幅が広がる

先に説明した通り、ダブルカラーは発色がよく、明るいトーンもしっかり出せるヘアメニューです。 だからこそ。ブリーチなしでは表現しにくい微妙な色合いのカラーや、ビビッドなカラーなども取り入れやすいのがメリット。 アッシュ系などの微妙の色合いのカラーや、ピンクや赤系などハッキリした色合いのカラーまで、自由自在に美しく入れることができます。

ダブルカラーのデメリット1:髪や頭皮を傷めるリスクが高い

ダブルカラーのデメリットは、ブリーチで髪や頭皮が傷んでしまうこと。 画像のような高発色の髪色を手に入れることはできますが、ブリーチをすることで髪に負担がかかり、乾燥したり、痩せた髪になってしまうのです。 人によっては薬剤が皮膚に滲みてしまい、頭皮ダメージに繋がってしまう人もいるよう。 ブリーチ剤が滲みてしまう人は、ヘアカラー剤も滲みやすいので、染めてもらう前に美容師さんにきちんと伝えましょう。

なお最近では「ケアブリーチ」というブリーチ剤が人気。 ケアブリーチは、発色のクオリティはそのままに、通常のブリーチ剤よりも、髪や頭皮へのダメージを軽減してくれます。 髪や頭皮へのダメージを抑えてブリーチができるので、今まで髪の傷みを心配してダブルカラーができなかった方にもおすすめです!

ダブルカラーのデメリット2:へアカラーの色落ちが早い

ダブルカラーは、少なからず髪にダメージが加わるメニュー。 そのため、通常のヘアカラーよりも色が抜けやすくなってしまう、というデメリットもあります。 同じ理由で、パーマなどがかかりにくいものデメリットに。 ダメージを軽減することはできても、完全に消すことはできません。 色を長く持たせたいなら、色落ちを計算してカラーを強めに入れてもらったり、カラー後の毎日のヘアケアを入念にしたりすると良いでしょう。

オーダー前におさえたい、ダブルカラーに関するQ&A

「メリットやデメリットはわかったけど、こんな時どうすればいいんだろう」 はじめてのヘアメニューをオーダーする際は、何かと疑問が出てきますよね。 そこでここでは、ダブルカラーに関する疑問をQ&A形式でまとめました。

Q1:ダブルカラーにかかる料金や時間は?

A:サロンによるが、相場は10,000円~、時間も2時間~3時間かかる

ダブルカラーでは、ブリーチとヘアカラーの2段階のカラーリングを行います。
そのためシングルカラーより、お値段は高め。
地域や髪の長さで料金は変動し、サロンによってもまちまちですが、おおよそ10,000円~17,000円程度が相場になっています。

また、ダブルカラーにかかる時間は、2時間~3時間程度。
加えてカットやトリートメント、ブローの時間も考慮に入れる必要があります。
またサロンの混雑状況によっても、所要時間は変わってきます。

Q2:ダブルカラーはセルフでもできる?

A:できるがおすすめはできない、なるべくサロンでオーダーを

結論からいえば、市販のブリーチ剤を使って、セルフでブリーチすることは可能です。
ですが頭皮にブリーチ剤がついて、頭皮や髪を傷めてしまう可能性も。

またブリーチ剤をつけると、時間の経過とともに髪の色素が薄くなっていきます。
どのくらいの時間を置けば、どれくらい色素が薄くなるのかは、髪質などによって個人差があり、その見極めは難しいものです。

ブリーチ剤の塗り方によっては、色素の抜け方にムラが出てしまう場合も。
失敗を防ぐためにも、最初からプロの美容師さんにお任せするのをおすすめします◎

Q3:ダブルカラーでなるべく髪を痛めないようにするには?

A:オーダー時のケアブリーチ&アフターケアをしっかり!

ダブルカラーをする際にやっぱり気になるのが髪のダメージ。
なるべく髪を痛めないようにするには、オーダーするときとその後で、気をつけるポイントがあります。

オーダーするときは、デメリット部分で説明したケアブリーチを取り入れてもらうのが◎
ケアブリーチはブリーチ剤の中に髪をケアする成分が入っているため、ダメージを軽減しながらサラツヤな髪に仕上げられます。

オーダーした後は、なるべく低刺激なシャンプーやケア剤を使って、ヘアケアを欠かさず行いましょう。
せっけんシャンプーなど刺激が強めのものは控えて。
洗い流さないタイプのオイルトリートメントがおすすめです。

ダブルカラーとシングルカラーを髪色で比較!

特徴の違いはあるものの、やっぱり気になるのは実際の色味の違い。 そこでここでは、ブリーチをするダブルカラーとブリーチなしのシングルカラーで、髪色がどう変わるのかを比較します。 比較するカラーは、通年人気の色味「ミルクティーベージュ」です。 なお、ご紹介するスタイルはサロンやモデルさんが違いますし、髪質などによっても色が変わります。 あくまでもイメージだと考えたうえで、ヘアカラー選びの参考にしてみてくださいね。

ブリーチあり、ダブルカラーのミルクティーベージュ

こちらはダブルカラーで作る高発色のミルクティーベージュ。 かなりハイトーンで透明感も抜群。 光の当たり具合でカラーがニュアンスチェンジして見えます。

ブリーチなし、シングルカラーのミルクティーベージュ

ブリーチなしのシングルカラーで作るミルクティーベージュ。 地毛に重ねているため、ブリーチをしたものよりもトーンが暗く、落ち着きがプラスされています。

ダブルカラーで叶う、おすすめヘアカラースタイル集

ダブルカラーへの不安が消えて興味が湧いてきたら、後はやってみたいカラーを見つけるだけ! ここからはダブルカラーでできる、おすすめヘアカラーカタログを色味別にご紹介します。

ベージュ系

ふわふわ感が高まるハイトーンベージュ
ダブルカラーでトーンと透明感を高めたベージュカラーのショート。 くるくるとしたパーマ風スタイリングと合わせることで、ふんわり軽いスタイルが完成します。
アッシュベージュで軽やかに
ブリーチしてからアッシュベージュにすることで赤みを抑えた、透明感たっぷりなおしゃれショート。 束感のあるスタイリングが軽やかで、ぐんと垢抜けた印象に仕上げています。
シナモンベージュでやわらかに
全体を同じ長さで切りそろえるワンレンスタイルの大人かわいい抜け感ミディ。 ブリーチした髪にシナモンベージュを合わせて、思わず触れたくなるようなやわらかな質感に♡
色を重ねたミルクティーベージュ
こちらはブリーチなしのダブルカラーで作るミルクティーベージュ。 色を複数回重ねて作ることで、深みのあるカラーが完成します。 色を目立たせるために、あえてストレートロングヘアに。

ピンク系

ハイトーンピンクでショートにガーリーさをプラス
こちらはハイトーンピンクとボーイッシュなショートヘアを合わせたスタイル。 ピンクの中でも優しいサーモンピンク風の色味を使うことで、クールになりすぎず、ガーリーな髪型にしてくれます。
透明感のあるペールピンクボブ
こちらは切りっぱなしボブに、柔らかいペールピンクを合わせています。 光が当たることで透明感が増すペールピンクは、シンプルなボブと相性抜群!
大人可愛いピンクベージュロブ
ピンクカラーの中でも、ピンクベージュは大人っぽさを含んだ色味。 ロブスタイルに合わせて大人可愛いスタイルにヘアチェンジ! 髪の中間を韓国風に巻くことで、韓国アイドルのようなキュートさも実現できます。
ピンクオレンジで作る今っぽロング
ダブルカラーをする際、部分で髪の明るさに差をつければグラデーションカラーも作れちゃいます! 根元はフェミニンに、毛先はナチュラルに仕上げたピンクオレンジのロングヘアスタイル。 ピンクとオレンジの可愛らしい色をいいとこ取りした今っぽカラーです。

オレンジ系

オレンジでヘルシーに仕上げたショートウルフ
こちらは襟足を少し長めに残したショートウルフヘアです。 ハンサムな髪型にオレンジカラーを合わせて、ヘルシーな印象をプラスしています。 ニュアンスパーマをかければ、動きもプラスできてこなれ感アップ!
オレンジで柔らかく見せた切りっぱなしボブ
ややエッジの効いた切りっぱなしボブは、オレンジカラーを取り入れて柔らかく見せると◎ ダブルカラーで取り入れるオレンジカラーは、透明感が高く、柔らかい髪質に見せてくれるです。
パキッとオレンジがかわいい外ハネミディアム
くるんと外ハネさせたミディアムヘアとパキッとオレンジがかわいいスタイル。 カジュアルになりすぎないように、前髪は丸めにカールさせて甘さを足しています。
オレンジピンクでお目立ちロング
シンプルなロングヘアも、オレンジピンクを重ねることで目立つヘアスタイルに。 再現するためにはしっかり髪色を明るくする必要があるので、髪が傷みすぎないよう、トリートメントなどのメニューを足すのがおすすめです。

パープル・ラベンダー系

ドリーミーな雰囲気のピンクラベンダーショート
スマートなハンサムショートにピンクラベンダーを合わせているスタイル。 ちょっぴりゆめかわな色味がハンサムショートと絶妙にマッチしています。 ラベンダーカラーは、なるべく髪の赤みをなくしてから染めるのが綺麗なので、ダブルカラーでしっかり髪を明るくしておきましょう。
ビビッドなパープルの個性派ミニボブ
こちらはダブルカラーではなく、トリプルカラーでつくったパープルカラーです。 リップラインでカットしたぱつっとボブとの相性も抜群。 パープルカラーは色落ちも人気なカラーなので、染めてからもその変化を長く楽しめるはず。
ちゅるんと感がたまらないピンクラベンダーロブ
こちらでは、ストレートのロブヘアにピンクラベンダーを重ねています。 ピンクラベンダーの透明度を高めることで、ストレートヘアもよりツヤツヤに! 手触りがちゅるんとしているような髪色に見せられるのも、ダブルカラーならではです。
クールなバイオレットアッシュカラー
紫系の中でも青みが強く、かっこいい色味に属するバイオレットカラー。 こちらは、アッシュを加えて、さらにスモーキーでクールな髪色にしています。 色とスタイルのバランスを楽しむために、あえてフェミニンなカールロングヘアと合わせてみても◎

ブルー系

他と差がつくペールブルーミニボブ
道ゆく人も振り返りそうな、明るいペールブルーのミニボブ。 こちらのペールブルーは2回のブリーチとカラーが必須! カットラインも前上がりにしているので、他の人と差がつくおしゃれが楽しめそうです。
落ち着いた雰囲気のブルーグリーンボブ
ブルーとグリーン、ふたつの寒色を合わせたヘアカラースタイル。 トーンは暗めですが、それぞれの発色を高めるためにもブリーチを取り入れています。 毛先がぱつっとしたボブに合わせているので、あまり重たさを感じないのが嬉しいところ。
神秘的なブルーターコイズミディアム
透明感のあるブルーを楽しみたいなら、ターコイズカラーを取り入れたこちらの色味がおすすめです。 ブルーの中に、青緑の神秘的な色が入ることで、光に当たったときの透明感が段違い! 光を取り込みやすい、動きのあるミディアムヘアと合わせるのが◎
清楚な雰囲気のネイビーブルーロング
あまり奇抜なブルーは取り入れられない……と考えているなら、ネイビーカラーにしてみては? ダブルカラーで色味を出しながら取り入れれば、深みのある色が顔をだし、なんとも清楚な雰囲気のスタイルになります。 色落ちはシルバーっぽくなるので、次のヘアカラーまで飽きずに楽しめそう!

ダブルカラーで、透明感あふれる髪色をゲットしよう♡

ブリーチありのダブルカラー、いかがでしたか? 透明感あふれる髪色に仕上がるだけでなく、シングルでは表現しづらい鮮やかなカラーや、グラデーションカラーなどにも挑戦できちゃいます。 気になる髪の傷みのためには、セルフでなく美容院でプロに相談して、髪のダメージに配慮してもらうのがベスト◎ さっそくサロンにお出かけして、なりたい髪色に変身しちゃいましょう!