爪の切り方で気をつけるべき最重要ポイント

そもそも「爪」とは、骨ではなく皮膚の一部です。 髪の毛と同じ成分からできていますが、それぞれ役割が異なる為に形状がちがいます。 爪は指先に集まっている血管を守るため、硬くなっています。

できるだけ圧をかけないこと

爪切りで爪を切ると、約26kgの負荷がかかります! 26kgとは…例えると、8歳の子どもの平均体重くらい。 切る度に爪にそれ程のダメージを与えてしまいます。 この積み重ねで弱く薄い爪になったり、割れ・かけやすくなると言われています。

乾燥を最小限に防ぐこと

爪は、図のような3層のミルフィーユ状になっています。 層と層の間には水分と脂肪分が入っていて、爪切りで切ると、断面が広くなりそこから水分が逃げることで乾燥します。 爪をパチンと切ってそのままにしていると乾燥から層が剥がれてしまい、二枚爪などのトラブルにつながることも…

仕上げに○○を使うのがベスト!

爪の長さを整えるなら、ヤスリが最適!

ヤスリは爪を「切る」ではなく、「削る」ことで爪の長さを整えます。
圧をかけずに、断面も最小限に抑えることが可能です。

おすすめの道具

ネイルニッパー

上下の刃で挟む一般的な爪切りは、「クリッパー型」
ハサミのような爪切りを、「ニッパー型」と言います。

ヤスリで削るのが面倒な長く伸びた爪には、こちらの「ニッパー型」がおすすめです。

● メリット

・力を入れずに切れるので、爪への負担(圧)が少ない
・切る時に刃先、爪先がよく見えるので切り過ぎない
・刃が小さいので変形した爪や切りにくい部分も切りやすい

● どこで買える

・ドラッグストア
・100円ショップ など

エメリーボード

ネイルサロンでよく使われている、長さを整えるヤスリ(ファイル)を「エメリーボード」と言います。
エメリーボードに記載されている180G、240Gなどの数字はグリッド数を表したものです。
グリッド数とは、目の粗さの事で数字が大きいほど細かく、小さいほど粗くなります。

二枚爪・爪が薄い・弱い方は、こちらの目が細かいもの(200~240G)がおすすめです。

● メリット

・爪への負担が1番少ない
・目の粗さ=G(グリッド数)によって自分の爪に合ったものを選べる

● どこで買える

・ドラッグストア
・100円ショップ など

【補足】 ネイルのヤスリには4種類あり、それぞれ用途が違います。 ・エメリーボード  = 長さや形を整える ・アクリルファイル = ジェルやスカルプなどの人工爪を削る ・バッファー    = 表面を削って整える ・シャイナー    = 表面を磨く 購入する時に間違えないよう、注意しましょう!

正しい爪の整え方

注意するポイントと使う道具がわかったところで、爪をケアできるお手入れの仕方を紹介します。

整えるタイミング

● 期間

伸びるスピードにもよりますが、特に爪を伸ばしていなければ2週間に1回切るのがベスト!

健康な成人の爪は、1日に約0.1mmずつ伸びています。
伸ばせば伸ばすだけ割れるリスクや、切る時の負担も大きくなるので、こまめに切るのが◎

● 時間

お風呂上りに切るのがベスト!

爪が柔らかくなっているので、力がかからず負担が減ります。
切る前にぬるま湯で浸しておくのも有効です。

長さと形

手の平を見た時に、指の先端から爪の白い部分が大きくはみ出ない長さがベスト!

見た目にも、清潔感やきちんと感が出る長さです。

程良く角を削った「スクエアオフ」がベストです。

ラウンド型に切っている方が多いですが、爪サイドの深い部分まで切ってしまう「バイアス切り」になりやすいので注意が必要です。

爪によくない!NGな切り方

・バイアス切り

爪両端を深く切ってしまう切り方。両端がないと強度が落ち、巻き爪の原因にも。

・深爪

指の肉と爪が接している部分(爪床)が見えるまで切ってしまう切り方。
本来、爪が守ってくれている爪床がむき出しになると感染症などのリスクも高まります。

爪の整え方

今までの内容を踏まえて、整え方法を解説します!

ネイルニッパーで伸びた爪をカット。 真ん中からではなくサイドから切り、なるべく爪に圧をかけないようにゆっくり、優しく切りましょう。角を切らないように注意しましょう!

爪の白い線に沿ってラウンドに切ると角を切ってしまうことになります! ゆるく弧をえがきながらも横一直線に切るイメージで切りましょう。

長さを整えたら、断面をなめらかにする為にエメリーボードで削っていきます。 角を削り、スクエアオフの形を意識しましょう。

ヤスリは45°の角度で常に一定方向に、図の矢印のように動かします。 ノコギリのように、往復させると爪が痛んでしまうのでNGです!

指でなぞっても引っ掛からないように削れたら、整え完了です。 整えた後は、仕上げのケアをしていきます!

整えた後のケア

爪を切ったり、削ったりした後はしっかり保湿してあげましょう。 乾燥を防ぐには最後のケアが大切です!

ハンドクリーム・ネイルオイル

ハンドクリームやネイルオイルは指先の保湿に有効です! ネイルオイルは保湿だけでなく、爪の生え際に塗り、爪周りに馴染ませるようにマッサージすると健康な爪の育成にも効果的です。 最後にハンドクリームを手全体に塗るとカバーのように保湿してくれます。 もちろん、両方塗るのが面倒ならどちらかだけでも保湿効果はあるので、爪を切った後は必ずケアをするよう心がけましょう。

道具を清潔にする

使用するネイルニッパーや爪切りを清潔に保つのも大切です! 使ったらそのままにしていたり、家族と使い回ししていたり… 意外とやってしまいがちですが、爪の水虫・その他の細菌などが移ってしまう危険性があるので注意が必要です。 アルコール消毒したり、難しければウエットティッシュなどで拭き取るだけでも、削りカスは落とせます。 道具を清潔にすることで何度も買い替える必要なく長持ちにもつながります。

まとめ

爪は、指先を守る大切な体の一部であるとともに洋服や、ヘアスタイルと同じように自分自身を表現する「ファッション」の一部です! 清潔感のある爪は、それだけできちんと感を演出してくれるように 「第一印象を左右する要素」のひとつでもあります。 普段、あまり意識していない部分ではありますが… だからこそ、まわりと差がつきやすいところです! 正しい整え方で、さりげない「美」を演出する健康でキレイな爪を手に入れましょう。

監修/髙野知実(美容ライター・広告ディレクター)

ネイルスクールでネイルの基礎を学び、JNA日本ネイリスト検定3級を取得。 美容やネイルに関する知識とセンスを活かし、 女性向けの広告制作や、記事の執筆など、幅広い分野で活躍中。