ヘアアレンジ、どうすればうまくいく?

こなれ感のあるポニーテールやハーフアップ、やってみたいけれど難しそう……。
なかなかチャレンジできずにいる不器用さん、朗報です。

実は難しそうに見えるアレンジも、ポイントさえおさえれば誰でも簡単にアレンジ可能。
今回は、アレンジ中におさえるべきポイントと、不器用さんでも挑戦しやすい簡単アレンジを紹介していきます!
ぜひおうち時間で練習してみてくださいね♡

ヘアアレンジの極意その1:まとまる髪にしておく

まず最初のポイントは、髪をまとまる状態にしておくこと!
パサついていたり、広がりやうねりがあるとうまく髪を扱えません。
自分の髪質をチェックしながら、ヘアオイルやヘアミルクなどをつかって扱いやすい髪の毛にしておきましょう♡
指通りの良いしっとりさらさらの髪にしておくと、この後のアレンジがとっても楽になりますよ。

何を使うか迷ったら、以下の記事をチェックしてみて!
ヘアオイル、どれがおすすめ?【スタイリスト監修】2021年注目アイテム&正しいスタイリング方法

ヘアオイル、どれがおすすめ?【スタイリスト監修】2021年注目アイテム&正しいスタイリング方法

ヘアケアアイテムとして、広く知られているヘアオイル。髪に良いというだけで、なんとなく選んだものを自己流で使っていませんか?「パサついた髪に悩んでいて、ヘアオイルを試してみたい」「今も使っているけれど、選び方が分からない」という方はこの記事をチェック!プロのヘアスタイリストがおすすめするヘアオイルと、その正しい使い方をお教えします♡

ヘアアレンジの極意その2:〇〇だけ、なアレンジから始める

ヘアアレンジは “ 慣れ ” が肝心。
とにかく練習あるのみです!

ただ、最初から難しいスタイルに挑戦すると挫折しやすい……ので、「結ぶだけ」「ねじるだけ」「とめるだけ」といった「〇〇だけ」なアレンジに挑戦するのがおすすめです。

慣れてきたら少しずつステップアップしていけばOK♡
最初は髪の毛を扱うことに慣れていきましょう。
ここでは2つの「〇〇だけ」アレンジを、HOWTOと一緒にピックアップしました!

【結ぶだけ】ポニーテールアレンジ

まずは一つに結ぶだけのポニーテール。
全体にミルクやオイルをなじませたら手ぐしでざっくりと後ろにまとめていきます。

高さはお好みですが、中間から下あたりで結ぶと失敗が少なくなりますよ。
結び目が緩まないようにしっかりと結ったら、結び目から指2~3本上の髪を細くつまみ、すこしずつ引き出していきます。
横からみたときに後頭部がまあるいシルエットになるように引き出していくのがポイントです。

全体のバランスを見ながら引き出したら結び目に飾りをつけるか、ポニーテールから細く毛束をとり、結び目にまきつけてピンで止めれば完成です♡
あざと可愛いこなれポニー
基本のポニーテールに加え、後れ毛を少し引き出したあざと可愛いポニー。 耳前のもみあげ部分を人差し指でかるく擦りながら、細く毛束を引き出します。 こみあげ部分も同様に毛束を引き出したら、コテでかるく巻いてバームで質感を加えるだけ。 毛束を出すときは慎重に細く引き出すことと、仕上げにバームで質感を出すことが”こなれ感”のポイントです。
大人っぽローポニー
結ぶ位置を下の方にするだけで大人っぽいスタイルに。 アレンジを始める前に、毛先を大げさくらいにしっかり巻いておくと仕上がりが華やかになります。 結びめに毛束を細く巻き付けたら完成♡
落ち着きローポニー
ベースの髪色を整えておくだけでも、簡単なポニーテールがおしゃれにキマります。 暗髪でも、オリーブカラーなら落ち着き感とおしゃれ感の両方演出! 結び目のゴムの上から細い紐を巻き付けて結べば、ワンポイントにも。

【ねじるだけ】ハーフアップアレンジ

難しそうに見えるねじりハーフアップも実は簡単にできるアレンジなんです♡

耳上の毛束を少量とったら二つにわけ、後ろにむかってねじっていきます。
反対の耳上の毛束も同様に後ろにむかってねじったら、ふたつをまとめてゴムで結びましょう。
指先にバームやワックスを少量なじませ、ねじった毛束から細く毛束を引き出して全体のバランスを整えます。

結び目に飾りをつけたら完成です♡
ゆるふわハーフアップ
サイドの髪を少量取ったら後ろに向けてねじり、ピンでとめたら完成です♡ ねじった髪は少量の髪を引き出しながら引き出すことで、ふわっとさせることができます。 指先にバームをすりこんでから引き出すと上手に崩せますよ!
ボブでもできるハーフアップ
ハチ上の髪を、あらかじめ軽く巻いてからハーフアップに。 残った下の髪も軽く巻いて、結び目にバレッタをつければ完成です♡ ボブスタイルに飽きたときにも簡単にできるスタイルです。
おしゃれハーフアップ
細めのコテで全体を強めに巻いたら、サイドの髪を少し多めにとり、ねじりながら後ろでまとめます。 結び目を隠すようにくるりんぱすれば完成。 ねじった毛束を指先でかるくほぐすと抜け感がでます♡

ヘアアレンジの極意その3:時にはヘアアクセを使おう

ヘアアレンジで失敗しやすいのが結び目。
結び目がむき出しになっていたり、上手に隠せていないとあか抜けない印象に……。
そんな時に役立つのが、ヘアアクセです。

アクセサリーを使うだけで簡単にこなれて見えるので、不器用さんにこそおすすめ♡

今回は、針金が入っていてポニーテールに巻き付けるだけでおしゃれにキマる「ワイヤーポニー」、ポニーテールの結び目にひっかけるだけの簡単アクセ「ポニーフック」、ボブやショートヘアにつけるだけであか抜ける「バレッタ・ピン」のアレンジを紹介します♡

ワイヤーポニーの簡単アレンジ

ニュアンスポニー
ポニーテールにしたらワイヤー入りのリボンを巻き付けるだけの簡単アレンジ。 結び目から始めて、3cmほど下までくるくると巻き付けていくのがポイントです。 顔回りの毛を細くとり、コテで巻けばこなれ感◎
紐を使ったサイドポニー
髪のサイドによせ結んだら、結び目から細い紐をくるくるとまきつけ、毛先まで巻いたらリボン結びにします。 顔回りの毛をゆるく外巻きにしたら完成。 テクニックなしでおしゃれに仕上がります。 いつものスタイルに飽きたときにオススメです。
ラフポニー
低い位置でゆるく結んだポニーテールに紐を巻き付けたラフでおしゃれなスタイル。 ラフスタイルは慣れるまで「お疲れ髪」になりがちですが、あらかじめ髪全体にヘアミルクやオイルを揉み込んでからスタイリングすると、質感のあるおしゃれなスタイルに仕上がります。
【ワイヤーポニー】紐アレンジでこなれヘアを手に入れよ♡トレンドスタイル大特集!

【ワイヤーポニー】紐アレンジでこなれヘアを手に入れよ♡トレンドスタイル大特集!

最近SNSでよく見かけるようになった紐アレンジ。ぐるぐる巻くだけであっという間にこなれヘアを手に入れることができます。今回はそんなワイヤーポニーを使った紐アレンジを大特集していきます!

ポニーフックの簡単アレンジ

アクティブな印象の元気ポニー
顎と耳の延長線上に結び目をもってきたポニースタイル。 結び目にモチーフのあるポニーフックをひっかければ、普通のポニーテールもおしゃれに。 結ぶ前に細かくウェーブをつけておくのがふんわり仕上がるポイントです。
ぶきっちょさんでも安心!簡単ポニー
コテも苦手、という人におすすめな簡単ポニー。 ヘアオイルを全体に馴染ませてからゴムでひとくくりに。 トップをかるくつまんで引き出せば巻かなくても抜け感がでます。 結び目にポニーフックをつけることでおしゃれに♡
おしとやかローポニー
結ぶ前に太めのコテでゆるく巻き、オイルをなじませておきます。 低い位置で結んだらポニーフックをかけて完成です♡

バレッタ・ピンの簡単アレンジ

シルバーピンスタイル
毛先だけを軽く内巻きにし、シルバーピンで顔回りをランダムに止めたラフでおしゃれなスタイル。 前髪は細い毛束を左右少しずつ引き出し、ワンカールすると抜け感がでます。
ショートボブ × バレッタ
アレンジがしづらいショートボブさんにおすすめのアレンジ! 全体を軽く巻いたら片方の髪を耳にかけ、バレッタを止めるだけで、雰囲気ががらっと変わります。 耳前のもみあげの毛を、少しだけ残し後れ毛風にすると、抜け感がでてよりおしゃれに。
インパクト重視のバレッタスタイル
インパクトのある大振りのバレッタを主役にしたショートスタイル。 前髪ごとサイドによせ、バレッタで止めるだけで完成です。 アクセサリーショップで2つペアで売っているバレッタもあるので、ひとつ買っておくと便利です♡

まずは “慣れ” を味方にするのが吉♡ 気になるアレンジからやってみよう!

誰でも最初は「初心者」さん、まずは髪の毛の扱いに慣れることが大切。 初めてメイクを始めた日から少しずつ上達していったように、ヘアアレンジも少しずつ慣れて上達していけばいいんです♡ 写真だけみると難しそうに見えるアレンジも、実は簡単にできるものもたくさん。 髪の毛の扱いに慣れたあとは、ポイントをしっかりおさえてアレンジ練習していきましょう。 まずは「〇〇だけ」アレンジから挑戦してみてくださいね♡