爪のケアを怠ると、グリーンネイルになる!?

ポリッシュや家庭用のジェルネイルなど、最近ではセルフでも取り入れやすくなったネイル。
ですがみなさん、ネイル前後の爪のお手入れ、しっかりやっていますか?
ネイルしたまではいいけれど、オフが適当だったり、ケアを全然しなかったり……。
お手入れを怠っていると、知らず知らずのうちにグリーンネイルになってしまうかもしれません。

グリーンネイルってどんな症状?

気付いたら、爪が緑色だったり、なんだか臭ったりする。
心当たりのある方、もしかしたらその異変、グリーンネイルかもしれません!


グリーンネイルは、痛みやかゆみなどの自覚症状がないことが多く、ネイルオフするまで気が付かないことも多々あります。
グリーンネイルが進むと、爪先から腐敗臭のような嫌な臭いがしてくると言われているため、だいぶ進行してから気付いた!なんて方も……。
また、菌がどんどん繁殖していくと、爪は緑色から深緑、黒っぽい緑へと変化していきます。

どうしてグリーンネイルになるの?

グリーンネイルを引き起こす直接の原因は、緑膿菌と呼ばれる菌です。
緑膿菌は、もともとどこにでも存在するバクテリアの一種。
この緑膿菌が爪に繁殖し、緑色の色素のある排泄物を出しながら活動するため、爪が緑色になるとされています。

ネイルをしていない場合、本来爪の上ではなく、爪の間で発生することがほとんど。
これらは普段からしっかり手のケアをすることで防げます。

しかしネイルをしている場合は別、特にジェルネイルをされている方は要注意。
実はネイルのジェルが浮き爪との間に隙間ができると、そこ湿気がたまり、繁殖してグリーンネイルを引き起こすことがあるのです。

手汗をかきやすく湿っぽくなる方もそうですが、湿っぽく雨の多い季節や夏場は、そうでなくてもなりやすくなるので要注意しておきましょう。

グリーンネイルは人にうつる?

菌と聞くと気になってしまうのが、他の爪や人にうつってしまうのかどうか……。 これについては安心してOK。 前で説明している通り、グリーンネイルは狭くてじめじめした環境で、もともとあった緑膿菌が繁殖することが原因。 うつることはないと考えてよいでしょう。

グリーンネイルを防ぐにはどうすればいい?

緑膿菌が繁殖してグリーンネイルが発生してしまうのには、条件があります。
それは、「緑膿菌」「水分」「爪の隙間」の条件がそろったとき。
一番起こりやすいのは、ネイルのお手入れがきちんとできていなかったときです。

こういったトラブルを防ぐためにも、ジェルネイルをされている方は、小まめにサロンに行ってメンテナンスをするのが吉。
そもそもせっかくネイルをしているのに、ネイルがかけたり浮いたりしていては、おしゃれからも遠ざかってしまいます。
その上グリーンネイルになりやすくなることを考えたら、爪先はきちんとお手入れしておくのが正解。

他にも、手汗や免疫力の低下でもなりやすいと言われています。
ネイルのメンテナンスはもちろん、日ごろから手元を清潔に整えておくことが大切です。

グリーンネイルになってしまったら?

もしも、爪先がにおったり、爪が緑色に変色していることに気がついたら、グリーンネイルの可能性大!
なってしまった場合は、すぐにネイルをオフし、よく洗いながして皮膚科にいきましょう。

気をつけたいのが、ネイルオフするときに削りすぎてしまうこと。
緑色をなくそうと、ネイルだけでなく自爪まで削ってしまうと爪が薄くなったり穴があいてしまったりして、他のトラブルにもつながってしまいます。
”ネイルだけ”を落とすように注意し、すみやかに病院にいくのが吉です。

また、グリーンネイルになってしまったら、完治するまでネイルはできないので注意。
グリーンネイルを隠すためにネイルをしてしまうと、治りが遅くなってしまいます。
しっかり完治させてから、ネイルを楽しみましょう。

こまめなケアで、素敵な手元に

緑膿菌は誰しもがもっているバクテリアのひとつ。 しっかりグリーンネイル対策をしておけば、怖くはありません。 日頃から手元を清潔にしたり、定期的にサロンに通って爪のお手入れをしてグリーンネイルを防ぎましょう。 セルフネイルをしている人も、オフに不安があるときは一度サロンでお手入れをしてもらうのもおすすめ。 グリーンネイル対策をしっかりして、指先美人を目指しましょう♡