ブリーチなしでもミルクティーベージュは作れる!

ミルクティーのように、とろんと柔らかい色味のミルクティーベージュ
その甘くこなれた雰囲気が人気となり、今やベージュヘアカラーの定番色となっています。

ただ、ミルクティーベージュのスタイルの多くは、明るいトーン。
明るくするためにブリーチをして髪を傷めるのはちょっと……と躊躇している方も多いのではないでしょうか。
実は、ミルクティーベージュはブリーチなしでも取り入れられるカラー。
ブリーチありの色味と比較するとやや暗い色味ですが、とろんとした髪の雰囲気は健在。
元の髪色にベージュのもつ透明感や柔らかさが加わって、美髪見えするのが特徴です。

ブリーチなしで明るいミルクティーベージュにする方法

とはいえ、「ブリーチなしだと暗いトーンしか挑戦できないのでは?」と思っている方も多いはず。
実はミルクティーベージュは、画像のようにふんわり明るい色味にすることも可能!
ヘアカラーの回数を重ねることで、トーンをあげることができるんです。

オーダーするときは、美容師さんに「ブリーチありの髪色に限りなく近づけたい」と相談して、理想の明るさのカタログを持っていくと◎
なお、カラーの回数が増えると、当初のヘアカラーの値段より高くなる場合もあります。
忘れずに美容師さんに確認しましょう。

これを目指したい!レングス別ブリーチなしミルクティーベージュカタログ

ここからは、実際にオーダーする時の参考になるブリーチなしのミルクティーベージュをカタログでご紹介。 髪の長さ別に見ていくので、次にしたいスタイルの参考にもなるはず♡

ブリーチなしミルクティーベージュ × ショート・ボブ

丸みのあるショートスタイル
丸みを帯びたショートヘアは大人の女性らしくなります◎ 顔周りカットで小顔効果抜群なこのスタイルは、ミルクティーベージュで抜け感たっぷりになります。
ナチュラルさを際立たせたショートスタイル
シンプルなショートヘアに、暗めのミルクティーベージュを組み合わせたナチュラルなスタイル。 普段のおしゃれをレベルアップさせたいという方にぴったり◎ ピアスやイヤリングを選ぶのも楽しくなりそうですね。
クールとフェミニンを両立させたショートスタイル
シックで大人っぽい雰囲気になりやすいショートヘアですが、 ふんわりカールで、女性らしい柔らかさを加えることができます♡ クールとフェミニンの良いとこ取りをしたスタイルです。

ブリーチなしミルクティーベージュ × ミディアム

ガーリーなゆるめウェーブスタイル
全体的にゆるくウェーブ巻きにしたスタイル。 暗めのミルクティーベージュとの組み合わせで、こなれ感満載の可愛らしい印象になれます♡
キュートなふわっとロブスタイル
顔周りをゆったりとした内巻きに、毛先は外ハネにしたスタイル。 キュートなふわっとロブの完成です♡ 暗めのミルクティーベージュで可愛さが増します。
クールなセンター分けスタイル
前髪のセンター分けと、暗めのミルクティーベージュを組み合わせたスタイル。 クールで落ち着いた印象になることができます。 顔周りは韓国風カットも取り入れてトレンド感満載に◎

ブリーチなしミルクティーベージュ × ロング

華やかなカールが印象的な巻き髪ロングスタイル
カラーを重ねて叶える、明るめミルクティーベージュ。 うるっとしたツヤ感があり、大胆なカールヘアも映えています。 華やかでフェミニンな印象が魅力的
落ち着いた印象のストレートロングスタイル
落ち着いた印象を作りたい方にはストレートロングがおすすめです! こなれ感が出せるミルクティーベージュだからこそ、シンプルなストレートヘアでもおしゃれ見えしますに。
凛とした女性に見えるヨシンモリスタイル
韓国風のヨシンモリヘアにブリーチなしミルクティーベージュをON。 髪色で甘く柔らかい雰囲気を保ちつつ、前髪をなくしたヘアスタイル、凛とした大人っぽい印象をプラスできます。

ミルクティーベージュ、髪に負担をかけずに手に入れよう

ブリーチなしでミルクティーベージュを叶える方法から、おすすめのスタイルまでご紹介してきました。 一見髪に負担がかかりそうな色も、工夫すればブリーチなしで作ることができます。 諦めずにカラーにこだわって、普段のおしゃれをレベルアップさせちゃいましょう!

▼もっとカタログが見たい人向け!おすすめ関連記事はこちら

ミルクティーベージュヘア総まとめ!明るめ・暗め、おしゃれ見せスタイルサンプル集
ミルクティーベージュヘア総まとめ!明るめ・暗め、おしゃれ見せスタイルサンプル集
明るく今っぽいヘアカラーにしてみたいという方におすすめなのが、ミルクティーベージュ。透明感抜群で色素の薄い淡色系女子になれちゃうカラーなんです。そこで今回は、ミルクティーベージュの明るめ・暗めの比較、レングス別の見え方、トレンドのポイントカラーとして取り入れたサンプルをご紹介。カラー前に知っておきたい、ブリーチありなしでの作り方や色落ちについてもお伝えします!