ヘアカラーのオーダーに活用したい。トーンとは?

カラーリングするとき、色見本帳を見せてもらいながらカウンセリングを受けた経験、ありませんか?
でも、的確に理想の色を指定するのはなかなか難しいですよね…。

そこで、カラーオーダーする際に一つの指標として使われるのが「トーン」という単位です。
トーンについて知っておけば、髪色選びがずいぶんと楽になりますよ。
色の印象を大きく左右するものとして、「明るさ」があります。
これを表す単位として使われるのが、「トーン」です。
この数字が大きいほど、明るい髪色を表します。

一般的に4トーンから16トーンの領域がカラーリングで使われており、4〜5トーンは黒髪、15トーン以上はブリーチ必須の明るさです。

学生に適切なトーンとは?

普段の学生生活を送るぶんには、どんな髪色でも許されることがほとんどでしょう。
でも、就職活動のときやバイト先などでは、“清潔感”を求められることもあります。

違和感なく受け入れられるのは、6〜7トーン程度。
髪色でマイナスイメージを与えてしまわないように気をつけたいものですね。

社会人に違和感のないトーンは?

社会人の場合は、職種や業種、職場の雰囲気などによって、適切な髪色が違ってきます。

・髪色規定が厳しめの職場…6〜7トーン
・髪色規定がゆるめの職場…10〜11トーン


通常はだいたい「8〜9トーンあたり」と覚えておけば良いでしょう。

ただし、自分の勝手な判断で髪色を決めてしまうと、意外なところで好ましくない印象を与えてしまうことも。
自分の職場での適切な髪色が分からないときは、上司に相談してみましょう。

トーンを決めるときに注意しておきたいこと

トーンは髪色の明るさを決定づける一つの指標にはなりますが、それが全てではありません。 そのため、トーンを決めるときにはいくつかの注意点があります。

髪の細さに注意

髪が細い方は、色が明るく見える傾向にあるので、トーンは通常よりも低めに設定した方が無難です。 逆に、太めのかたは暗めに見えるので、トーンを高めに設定してオーダーしましょう。

髪の柔らかさに注意

柔らかい髪質の場合はカラーが浸透しやすく、その分明るく見えることが多いので低めトーンで。 固めの髪質なら高めトーンで設定しましょう。

色味に注意

一般的に、赤味の強い色の方が暗い印象に仕上がります。 また、寒色系に比べると暖色系の方が暗めになるので、チョイスするカラーとトーンの関係を上手に組み合わせて、色選びを行いましょう。 例えば以下の記事のように、一つの色でもトーンが違うだけでかなり雰囲気が変わります。

アッシュベージュのトーン別サンプル集。暗めから明るめまで参考スタイルをピックアップ
アッシュベージュのトーン別サンプル集。暗めから明るめまで参考スタイルをピックアップ
外国人風のスタイルが叶うアッシュベージュ。やわらかな色味で、髪の質感を美しく見せてくれるカラーですが、オーダーのポイントはカラーのトーン。「トーンとは?」という方から、トーン別おすすめのアッシュベージュスタイル集まで、なりたい色味の参考になる情報を整理しました。

オーダーの参考に。トーン別おすすめカタログ

実際にトーンの違いによって、印象にどのような差が生じるのでしょうか。 トーン別のおしゃれなスタイルをみながらご紹介していきます。

暗めのカラー:5〜7トーン

5トーン × ブルーブラック
しっかり「黒染め」したイメージになるのが5トーンです。 いわゆる「黒髪」と言われるカラーで、就職活動や仕事にぴったり。 ブリーチしてから5トーンのブルーブラックカラーをほどこせば、暗くても透明感のある仕上がりになります。
6トーン × アッシュ
一般に「暗髪」と呼ばれるのが、6トーン前後です。 美容師さんに暗髪でと伝えると、このあたりになるのが一般的。 暗髪でも、アッシュで染めると、重く見えすぎず、透明感あるスタイルに仕上がります。
7トーン × オリーブグレージュ
落ち着いた色味ではあるけれど、若干明るさが加わったのが、7トーン。グレーとベージュをかけ合わせることでくすみ感を出したグレージュで、暗めに仕上げたい場合は7トーンあたりになります。

ほんのり明るめ:8〜9トーン

8トーン × ベージュブラウン
柔らかい色味のベージュブラウンはシックな雰囲気に仕上がります。 一度明るくしてから8トーンをかぶせることで、まろやかで明るい印象に。
9トーンのアッシュカラー
9トーンというと、規定がゆるめの職場であれば問題がない程度の明るさです。ほどよくヘルシーなイメージに仕上がるので、シーンを選ばず使えるカラーといえます。キレイめカジュアルなスタイルにもぴったり!
9トーン×グレージュ
ベージュカラーをベースにしつつ、くすみ感を加えたグレージュカラー。 重くなりがちな量感のあるミディレングスでも、9トーンのカラーを使えばほどよく上品な落ち着きあるスタイルになります。

明るめ:10〜12トーン

10トーンのオリーブベージュ
こなれっぽいグリーンが印象的なオリーブと優しい色味のベージュを合わせた10トーンのオリーブベージュ。 毛量が多めな方でも軽やかに仕上がります。
10トーンのラベンダーベージュ
寒色系で華やかさのあるラベンダーは、フェミニンな雰囲気を出したいときにおすすめです。ゆるふわウェーブは甘めな印象になりがちですが、ラベンダーならさわやかで大人っぽい表情を出せますよ。
11トーンのアッシュグレージュ
軽やかだけど程よくマット感のあるシアーマットグレージュ。 暗髪でも好まれるカラーですが、11トーンだと明るく軽快な印象になります。
12トーンのナチュラルブラウン
毛先に少し重さを残したセミロングスタイル。 軽く巻き毛を動かすことでアクティブな印象に。 12トーンのナチュラルブラウンカラーを合わせれば、明るくさわやかにまとまります。

かなり明るめ:13〜15トーン

13トーンのイルミナカラー
13トーンともなるとかなり明るめになります。 職場によってはNGとなる場合が多くなってきますが、髪に輝きを与えるイルミナカラーをプラスすると、透明感たっぷりに仕上がってあか抜けした印象に。
14トーンのミルクティーベージュ
ベージュに明るさをプラスしたミルクティーベージュ。 ゆるめのウェーブと合わせると、やわらかな印象が引き立てられて、おしゃれ見えします。 ホワイト系のカラーを使っているので、優しく女性らしい雰囲気に。
15トーンのベージュ系デザインカラー
ハイトーンのゆるふわな女の子らしいボブヘア。 15トーンのアッシュベージュを使用。赤味を抑えた透明感のある色味に仕上がっているので、ハイトーンでもほどよいツヤ感が生まれています。

髪色選びは「トーン」からはじめよう!

明るさを決めることは、髪色選びの第一歩ともいえます。 自分のライフスタイルや好みに合わせてトーンを選ぶことで、カラーリングで迷ったり失敗したりすることも少なくなるはずです。 そしてもちろん、美容院でのオーダーもとっても楽になりますよ。