髪色にアクセントが欲しいなら……インナーカラーがおすすめ!

いつもと違うおしゃれを楽しみたいなら、『インナーカラー』がおすすめ。 「外側の髪色は変えず、内側の髪色だけを変えるカラー」なので、挑戦しやすさ◎ カラーに飽きてきたら、インナーカラーチェンジでマンネリ解消もできる賢いスタイル。 また、オフィスや学校で可愛いカラーを楽しめない女子でも、インナーに隠してしまえばバレないのが嬉しい! 入れる色や範囲によって印象が変わるので、あなたのお気に入りスタイルが見つかるはず♡ 今季は『インナーカラー』に挑戦して、周りから一歩リードしましょう!

インナーカラーの色味はどう選ぶ?

内側にいれる色だからこそ、自分の好きな色に挑戦できるインナーカラー。 でもたくさん種類があるからこそ、何色を選ぶか悩んでしまいますよね。 そこでまずは、色の選び方をチェックしてみましょう。

①黒髪、ハイトーン……合わせる髪色で選ぶ

インナーカラーは、元の髪の色味によってそれぞれ異なる雰囲気が出せちゃいます。 黒髪と明るめ髪の代表例を紹介するので、比べてみてみましょう。

中の色が映える黒髪 × インナー
黒髪や暗い髪色さんは、元々の色が落ち着いているのでインナーカラーがより映えやすくなります。 明るい色を入れればより目立ちますが、ほどよくナチュラルにしたい場合は、少しくすんだ色を入れるのがおすすめです。

黒髪さんにおすすめのインナーカラーはこちらの記事もチェック!

黒髪に似合うインナーカラーとは?ワンランク上のおしゃれヘアにイメチェンしよう♡

黒髪に似合うインナーカラーとは?ワンランク上のおしゃれヘアにイメチェンしよう♡

内側の髪に別のカラーを入れるインナーカラーは、ちょっと個性的なスタイルを楽しみたい方や、オンとオフで雰囲気を変えたい方におすすめ。耳かけやアップアレンジのときにカラーが見えて、ぐっとこなれ感がアップします!今回は、黒髪に似合うインナーカラーのスタイルをご紹介します。
動きが生まれる明るめ髪 × インナーカラー
明るめ髪さんは、黒髪さんよりもインナーカラーが馴染みやすいのが特徴。 特に似ている色味を取り入れることで、グラデーションのような効果が生まれ、ヘアスタイルに動きが生まれます。

②学校やオフィスでバレない色を選ぶ

インナーカラーは、色のトーンと入れる場所によってさりげなくすることも可能。 元の髪と同系色を選んだり、黒髪の場合は暗めの寒色系にするのがおすすめ。 見せたいときはスタイリングやアレンジで、大胆に見せてみましょう。

2021年おすすめのインナーカラーはこの3色

ここからは、2021年人気の色味をご紹介していきます!

キュートなピンク

馴染みやすいピンクブラウンなインナーカラー
シルエットが綺麗なボブヘア。 耳元のインナーカラーは、ピンク強めのピンクブラウンカラー。 目立つのが心配という方は、こんな風に同色系にまとめるのがポイント!

爽やかブルー

毛先から滲ませるアクアブルー
ブルー系も人気! しっかり目立たせたいなら、明るめのアクアブルーに挑戦してみては? レイヤーを入れて、見えるようにカラーを入れるのもおすすめ。

クールなグレー

コントラストがおしゃれ!ホワイトグレー
クールにインナーカラーを見せたいなら、グレーカラーを。 暗めに入れれば自然な雰囲気に、こちらのようにホワイト強めに入れれば、コントラストが美しいおしゃれスタイルに!

最新トレンドをチェックするならこちらもおすすめ!

簡単あか抜け!ハイライト&インナーカラーはメリットたくさん

簡単あか抜け!ハイライト&インナーカラーはメリットたくさん

のっぺりヘアに立体感をつけたり、重見えする髪に軽さや抜け感をプラスしたり。即あか抜けを狙うならポイントカラーがおすすめ。今すぐお気に入りカラーを探してみて!

【レングス別】今っぽインナーカラーカタログ

気になる色味が見つかったら、次はどんな風にいれるかを決めていきましょう。 ここでは「ショート・ミディアム・ロング」のレングス別にインナーカラースタイルをご紹介。 自分の髪色&なりたい印象と合わせて、お気に入りスタイルを見つけてみてください♡

ショートさんは、「耳下や裾」に入れる!

ショートさんは裾(髪の毛先の方)に色を入れることで、動きがある仕上がりになります。 耳下辺りからインナーカラーを入れるイメージを持つと◎

チラ見えインナーを入れたミニボブ
落ち着いた黒髪ベースの髪に、明るいベージュ系のインナーカラーをプラス。 髪色の赤みを消してくれるカラーなので、色落ち後も洒落感キープ! トレンドのミニボブヘアとも相性抜群。
黒髪×鮮やかブルーでクール女子に!
耳の前だけをブリーチして、ブルーを入れたスタイル。 黒髪と合わせると、クールな印象に仕上がります。 サイドからチラッと見える、鮮やかなブルーが魅力的♡
ハイトーンカラーで甘さをセーブ
全頭ブリーチを1回した後に、インナーカラーでカシスピンクをON。 赤みの無いベージュで、外国人風なおしゃれヘアに◎ ハイトーンカラーと合わせて、ピンクの甘さをセーブ!
前髪にもインナーカラーをON
顔周り+前髪にインナーカラーを入れたスタイル。 レッド系のインナーカラーは、肌馴染みもよく、どんなベースカラーにも合わせやすいのでおすすめ!
2次元っぽい”グリーン“が熱い!
発色良いグリーンがアクセントに。 ダークブラウン×グリーンは、意外と相性のいい組み合わせです。髪の色や形が被りがちな人は、インナーカラーで個性をアピールせよ!
ルーズなハーフアップで印象チェンジ
暗めのアッシュグレージュをベースに、ポイントでオレンジのインナーカラーをオン。 ダウンスタイルでは隠れるインナーも、ハーフアップアレンジで鮮やかオレンジを見せて。 ルーズなこなれ感を演出できるスタイル。

ボブやミディアムさんは「耳横」にON!

中間レングスさんは、耳に髪をかけた時にチラ見えするスタイルが理想。 ボブさんは耳後ろまで、ミディアムさんは後頭部の中心より少し上まで、色を入れましょう!

派手過ぎない“オレンジインナーカラー“
オレンジインナーカラーなら、派手になり過ぎない! ブラウンカラーとも馴染みやすいのが魅力的。 オレンジの彩度を上げると、元気な印象に仕上がります。
巻き髪でインナーカラーをアピール♡
巻き髪でインナーカラーのお目立ち度UP! 毛先を軽く巻いたら、オイルやワックスで崩すだけ。 王道カラー「ミルクティーベージュ」で、動きのあるスタイルが、簡単に完成します。
ハーフ団子で後ろ姿もおしゃかわに♡
ハーフアップやポニーテールで、大胆に印象チェンジ。 レッド系カラーなら、カジュアルかわいく決まります! インナーカラーは、ゆるっとまとめてもおしゃれに見えるのがポイント。
ブリーチでインナーカラーに透明感を!
もみあげ部分のみを違う色にした“ピアスカラー”。 薄めカラーは、ブリーチをすることで透明感を出せます! 大きめアクセサリーや耳かけで、存在感を発揮♡
寒色系カラーは、色味を統一すると◎
寒色系で色味を統一して、まとまりある印象に。 全体にブリーチをし、外側はグレー系、内側はかわいいブルーグリーンにしたスタイル。 立体感ある波ウェーブでカラーが活きますね!
ゆるっとダウンポニーをレベルアップ
重めの印象になりがちなダウンポニーも、インナーカラーを仕込めば新鮮ヘアスタイルに。 後れ毛や触覚を出して、さりげないおしゃアピールを忘れずに。

ボブレングスさんにはこちらの記事もおすすめ!

インナーカラーでボブを格上げ♡おしゃれ度がアップするスタイルを大公開!

インナーカラーでボブを格上げ♡おしゃれ度がアップするスタイルを大公開!

インナーカラーは、おしゃれ女子が続々トライしているトレンドヘア♡ 髪の内側にだけアクセントカラーを入れるので、動きに合わせてさまざまな表情が楽しめます。特にインナーカラーと相性がいいのがボブヘアなんです。そこで今回は、ボブヘアがもっと可愛く見えるインナーカラーの入れ方を紹介します。

ロングさんは「こめかみ」から入れる!

ロングさんは、こめかみ辺りから入れるのがポイント。 大きく色を入れると立体的に見えます! 入れる位置が高くなり過ぎないように注意です。

インナーカラーで垢抜けが叶う!
重たく見えがちな暗髪さんは、明るめのインナーカラーで垢抜けが叶います! 柔らかさを出したいなら、ベージュのインナーが◎ 全体をゆるっと波巻きしたら、オイルで仕上げを。
黒髪ロング×ラベンダーが映える
黒髪ロングの毛先から、ラベンダーカラーを見せるのがイマドキ! 全体を大きめウェーブして、トレンド感ある巻き髪に。 ラベンダーカラーは、色落ちしてもかわいさをキープしてくれます。
ハイトーンカラーにも挑戦しやすい!
単体だと挑戦しにくいカラーも、インナーなら挑戦しやすい! ハイトーンのベージュカラーは、茶髪とも馴染みやすくておすすめ。 大きくインナーカラーを入れて、少し派手な印象に。
モテとおしゃれを両立するピンク♡
ミルクティーベージュに、ベビーピンクのインナーカラーをトッピング♡ 控えめにインナーを入れて、さりげなく見せるのがモテ! 無造作カールでおしゃれに決めましょう。
カジュアルさんには“ライトブルー”が推し
動くたびに見えるライトブルーのインナーがおしゃれ。 ブリーチで色味を抑えたブルーは、アッシュ系の髪色と好相性です。 カジュアルな印象が、ラフなコーデにピッタリ!
インナーが映えるようあざとく編み込む
グリーンをインナーにオンしたスタイル。 表面をオリーブ系統の色でインナーカラーと揃えることで、派手すぎない! インナーカラーが見えるようにあざとく編み込んで。

インナーカラーの素朴な疑問Q&A

ここでは、インナーカラーに関する素朴な疑問について紹介します。 美容院に行く前に、ブリーチや入れる位置など……気になる疑問を解決しましょう!

Q:ブリーチしなくてもできる?

A:ハイトーンカラーが多いので、基本的にブリーチは必須。

インナーカラーは全体を染めるよりも、範囲が狭いので、ダメージは少なくすみます!
ダメージが気になる方は、トリートメントでケアをしましょう。

Q:自分でもできる?

A:できます!ただし、手順や髪へのダメージに気をつけて!

おうち時間、自分でインナーカラーに挑戦してみたいという子も多いのでは?
もちろん市販のカラー剤やカラーバターを使うことで、セルフでインナーカラーをすることも可能です。
ただし、ブリーチ剤の塗り方や髪のブロッキングを間違えると、思ったように色が入らないことも。
不器用で不安、という場合はサロンで頼んでみるのも良いでしょう。

Q:よりおしゃれに見せる方法は?

A:ヘアアレンジにこだわってみて。

そのままでもおしゃれなインナーカラースタイルですが、ヘアアレンジをすることで、より目立つ見せ方にすることができます。
前髪インナーやイヤリングカラーなど、入れる場所によってもおすすめのヘアアレンジが異なるので、以下の記事を参考に挑戦してみましょう。
インナーカラーはヘアアレンジで映えさせて!大胆見せ、チラ見せが叶うスタイルはコレ♡

インナーカラーはヘアアレンジで映えさせて!大胆見せ、チラ見せが叶うスタイルはコレ♡

耳元や襟足周りだけに色を入れるインナーカラーは、近年注目度が高まっているカラースタイル。普段の髪型からチラッと別の色が見える姿は、なんともかわいいですよね♡どんなインナーカラーヘアですが、アレンジをするともっとおしゃれに見せることができます。大胆に色を見せたり、ヘアアレンジのアクセントにしたり。この記事では、そんな写真映えするインナーカラーのヘアアレンジスタイルをまとめました!

こっそりおしゃれ、堂々おしゃれ。どっちも叶うインナカラー

インナーカラーを入れるだけで、おしゃれの幅が広がります! ダウンヘアでチラ見せしたり、アップヘアで大胆にアピールしたり……気分に合わせておしゃれを楽しみましょう。 理想のインナーカラーを手に入れたいなら、美容院にGO。 イマドキな髪型にして、友達からいいねをもらいましょう♡