髪色にアクセントが欲しいなら……インナーカラーがおすすめ!

いつもと違うおしゃれを楽しみたいなら、インナーカラーがおすすめ。

インナーカラーは、外側の髪色は変えず、内側の髪色だけを変えるカラー
髪を全部染めるよりも挑戦しやすく、入れる場所によっては隠すことができるため、オフィスや学校で髪色が厳しい子も取り入れやすいのがポイントです。

また、入れる色や範囲によって印象も変わるため、マンネリせずスタイルを楽しめる賢いスタイル!
今季は「インナーカラー」に挑戦して、周りから一歩リードしてみませんか?

インナーカラーの色味はどう選ぶ?

内側にいれる色だからこそ、自分の好きな色に挑戦できるインナーカラー。 でもたくさん種類があるからこそ、何色を選ぶか悩んでしまいますよね。 そこでまずは、色の選び方をチェックしてみましょう。

選び方1:黒髪、ブラウン……ベースの髪色で選ぶ

インナーカラーは、ベースとなる全体の髪の色味によってそれぞれ異なる雰囲気が出せちゃいます。 黒髪と明るめ髪の代表例を紹介するので、比べてみてみましょう。

中の色が映える黒髪 × インナー
黒髪や暗い髪色さんは、元々の色が落ち着いているのでインナーカラーがより映えやすくなります。 明るい色を入れればより目立ちますが、ほどよくナチュラルにしたい場合は、少しくすんだ色を入れるのがおすすめです。

▼黒髪さんにおすすめのインナーカラーはこちらの記事もチェック!

黒髪に似合うインナーカラーとは?ワンランク上のおしゃれヘアにイメチェンしよう♡
黒髪に似合うインナーカラーとは?ワンランク上のおしゃれヘアにイメチェンしよう♡
内側の髪に別のカラーを入れるインナーカラーは、ちょっと個性的なスタイルを楽しみたい方や、オンとオフで雰囲気を変えたい方におすすめ。耳かけやアップアレンジのときにカラーが見えて、ぐっとこなれ感がアップします!今回は、黒髪に似合うインナーカラーのスタイルをご紹介します。
動きが生まれるブラウンカラー × インナーカラー
明るめ髪さんは、黒髪さんよりもインナーカラーが馴染みやすいのが特徴。 特に似ている色味を取り入れることで、グラデーションのような効果が生まれ、ヘアスタイルに動きが生まれます。

選び方2:学校やオフィスでバレにくい色を選ぶ

インナーカラーは、色のトーンと入れる場所によって、その印象をさりげなくすることも可能。
学校やオフィスで目立ちにくいナチュラルな色を選んでおけば、バレにくくなります。

例えば画像のように、元の髪と同系色のインナーカラーを選ぶと◎
黒髪の場合は暗めの寒色系にすると目立ちにくくなります

見せたいときはスタイリングやアレンジで、大胆に見せてみましょう。

2022年おすすめのインナーカラーはこの3色!

ここからは、2022年も注目のインナーカラーを具体的にご紹介していきます!

キュートなピンク

馴染みやすいピンクブラウンなインナーカラー
ブラウンカラーのゆるふわロングは、女性らしさが上がる鉄板スタイル。 耳元のインナーカラーは、ピンクブラウンカラーなのでベースカラーとぴったり合います。 目立つのが心配という方は、同系色にまとめると自然になりますよ♡
ピンクフェイスフレーミング×韓国巻きで今っぽスタイル
髪全体を暗めトーンのヘアカラーにし、フェイスフレーミングカラーとしてインナーピンクを足したスタイル。 髪全体が暗めなので、明るめのインナーカラーがとても映えてかわいい♡
ストレートピンクで上品さをプラス
ピンクのインナーカラ×ナチュラルストレートスタイル。 個性的な印象を出しやすいピンクインナーカラー。 そんなインナーカラーとストレートを合わせると落ち着いた上品なスタイルに。
ベージュ×インナーピンクで柔らかい印象に
柔らかいベージュカラーで抜け感バツグン! 内側にピンクのインナーカラーを仕込んだ大人かわいいスタイル。 落ち着いたラベンダーピンクは大人っぽい印象に◎

爽やかブルー

毛先から滲ませるアクアブルー
インナーカラーは、ブルー系も人気! しっかり目立たせたいなら、明るめのブルーカラーに挑戦してみては? レイヤーを入れて、見えるようにカラーを入れるのもおすすめ。
ボブ×鮮やかブルーでさわやかに
ボブウェーブ×鮮やかブルーのインナーカラースタイル。 この鮮やかブルー、クールな印象になりやすい印象がありますが、 ボブと組み合わせることでゆるい女の子らしさを演出することが出来ます。
ゆるっとロングウェーブ×デニムカラーでさりげなく
ゆるめウェーブのロングスタイルに暗めトーンのブルーインナーを入れたヘアアレンジ。 ビビッとな青に挑戦するには、なかなか勇気が出ない方にオススメのさりげないインナーカラーです。
ウルフカット×ブルーインナーでクールに
襟足レイヤー長めのウルフカット×ブルーインナーのイマドキスタイル。 今流行のウルフカットに個性的なブルーインナーをプラスすることでクールな印象に◎

クールなグレー

ボブ × グレーインナーで透明感をプラス
かわいいの王道ボブに、グレーのインナーカラーをいれたスタイル。 毛先に丸みを残すとワンランク上のモテスタイルに♡
コントラストがおしゃれ!ホワイトグレー
クールにインナーカラーを見せたいなら、グレーカラーを。 暗めに入れれば自然な雰囲気に、こちらのようにホワイト強めに入れれば、コントラストが美しいおしゃれスタイルに!
ショコラブラウン×グレージュで抜け感を
落ち着いたショコラブラウンにグレージュインナーをプラスしたスタイル。 透明感カラーとも言われるグレージュを、ポイント的に使うことでより抜け感マシマシに♡
ブラック×カルーアグレージュでアクセント
全体を暗めのカラーに統一し、インナーカラーは白っぽさを足したスタイル。 インナーカラーと全体のカラーのコントラストがきいてとってもかわいいアクセントに◎

【レングス別】今っぽインナーカラーカタログ

気になる色味が見つかったら、次はどんな風にいれるかを決めていきましょう。
ここでは「ショート・ミディアム・ロング」のレングス別にインナーカラースタイルをご紹介。
自分の髪色&なりたい印象と合わせて、お気に入りスタイルを見つけてみてください♡

ショートさんは、「耳下や裾」に入れる!

ショートさんは裾(髪の毛先の方)に色を入れることで、動きがある仕上がりになります。
耳下辺りからインナーカラーを入れるイメージを持つと◎
チラ見えインナーを入れたミニボブ
落ち着いた黒髪ベースの髪に、明るいベージュ系のインナーカラーをプラス。 髪色の赤みを消してくれるカラーなので、色落ち後も洒落感キープ! トレンドのミニボブヘアとも相性抜群。
ウルフボブ×ポイントインナーでキュートに!
耳の前だけをブリーチして、イヤリングカラーを入れたスタイル。 クールな印象のウルフも、外巻きボブ×明るめインナーカラーで優しくキュートな印象に◎
ハイトーンカラーで甘さをセーブ
全頭ブリーチを1回した後に、インナーカラーでカシスピンクをON。 赤みの無いベージュで、外国人風なおしゃれヘアに◎ ハイトーンカラーと合わせて、ピンクの甘さをセーブ!
前髪にもインナーカラーをON
顔周り+前髪にインナーカラーを入れたスタイル。 オレンジ系のインナーカラーは、肌馴染みがよく、顔まわりを明るく見せてくれます。 どんなベースカラーにも合わせやすいのでおすすめのカラーです。
2次元っぽい”グリーン“が熱い!
発色良いグリーンがアクセントに。 黒髪×グリーンは、相性抜群な組み合わせです。 人と被りたくない人は、インナーカラーで個性をアピールしてみてはいかが?
おしゃれ見え確実なグレーのインナーカラー
グレーのインナーカラーは、おしゃれ見え確実なカラー。 また、目立ちすぎないので初めてインナーカラーをやる人にもぴったりです。

ボブやミディアムさんは「耳横」にON!

中間レングスさんは、耳に髪をかけた時にチラ見えするスタイルが理想。
ボブさんは耳後ろまで、ミディアムさんは後頭部の中心より少し上まで、色を入れましょう!
派手過ぎないオレンジインナーカラー
オレンジインナーカラーなら、派手になり過ぎない! ブラウンカラーとも馴染みやすいのが魅力的。 オレンジの彩度を上げると、元気な印象に仕上がります。
巻き髪でインナーカラーをアピール♡
巻き髪でインナーカラーのお目立ち度UP! 毛先を軽く巻いたら、オイルやワックスで崩すだけ。 ベースとインナーカラーの組み合わせで、動きのあるスタイルが簡単に完成します。
ハーフ団子で後ろ姿もおしゃかわに♡
ハーフアップやポニーテールで、大胆に印象チェンジ。 レッド系カラーなら、カジュアルかわいく決まります! インナーカラーは、ゆるっとまとめてもおしゃれに見えるのがポイント。
ブリーチでインナーカラーに透明感を!
もみあげ部分のみを違う色にした“ピアスカラー”。 薄めカラーは、ブリーチをすることで透明感を出せます! 大きめアクセサリーや耳かけで、存在感を発揮♡
寒色系カラーは、色味を統一すると◎
寒色系で色味を統一して、まとまりある印象に。 全体にブリーチをし、外側はグレー系、内側はかわいいブルーグリーンにしたスタイル。 立体感ある波ウェーブでカラーが活きますね!
ゆるっとダウンポニーをレベルアップ
重めの印象になりがちなダウンポニーも、インナーカラーを仕込めば新鮮ヘアスタイルに。 後れ毛や触覚を出して、さりげないおしゃアピールを忘れずに。

▼ボブレングスさんにはこちらの記事もおすすめ!

インナーカラーでボブを格上げ!こなれ感アップのおすすめスタイルを大特集
インナーカラーでボブを格上げ!こなれ感アップのおすすめスタイルを大特集
インナーカラーは、おしゃれ女子が続々トライしているトレンドヘア。髪の内側にだけアクセントカラーを入れるので、動きに合わせてさまざまな表情が楽しめます。特にインナーカラーと相性がいいのがボブヘアなんです。そこで今回は、ボブヘアがもっと可愛く見えるインナーカラーの入れ方を紹介します。

ロングさんは「こめかみ」から入れる!

ロングさんは、こめかみ辺りから入れるのがポイント。
大きく色を入れると立体的に見えます!
入れる位置が高くなり過ぎないように注意です。
インナーカラーで垢抜けが叶う!
重たく見えがちな暗髪さんは、明るめのインナーカラーで垢抜けが叶います! 柔らかさを出したいなら、ベージュのインナーが◎ 全体をゆるっと波巻きしたら、オイルで仕上げを。
黒髪ロング×ラベンダーが映える
黒髪ロングの毛先から、ラベンダーカラーを見せるのがイマドキ! 全体を大きめウェーブして、トレンド感ある巻き髪に。 ラベンダーカラーは、色落ちしてもかわいさをキープしてくれます。
ハイトーンカラーにも挑戦しやすい!
単体だと挑戦しにくいカラーも、インナーカラーなら挑戦しやすい! ハイトーンのベージュカラーは、茶髪とも馴染みやすくておすすめ。 大きくインナーカラーを入れて、こなれた印象に。
モテとおしゃれを両立するピンク♡
ミルクティーベージュに、ベビーピンクのインナーカラーをトッピング♡ 控えめにインナーを入れて、さりげなく見せるのがモテ! 無造作カールでおしゃれに決めましょう。
カジュアルさんには“ライトブルー”が推し
動くたびに見えるライトブルーのインナーがおしゃれ。 ブリーチで色味を抑えたブルーは、アッシュ系の髪色と好相性です。 カジュアルな印象が、ラフなコーデにピッタリ!
インナーが映えるようあざとく編み込む
グリーンをインナーにオンしたスタイル。 表面をオリーブ系統の色でインナーカラーと揃えることで、派手すぎない! インナーカラーが見えるようにあざとく編み込んで。

インナーカラーの素朴な疑問Q&A

ここでは、インナーカラーに関する素朴な疑問について紹介します。 美容院に行く前に、ブリーチや入れる位置など……気になる疑問を解決しましょう!

Q:インナーカラーは、ブリーチなしでもできる?

A:ハイトーンカラーが多いので、基本的にブリーチは必須。

インナーカラーは全体を染めるよりも、範囲が狭いので、ダメージは少なくすみます!
ダメージが気になる方は、トリートメントでケアをしましょう。

Q:インナーカラーはセルフでもできる?

A:できます!ただし、手順や髪へのダメージに気をつけて!

おうち時間、自分でインナーカラーに挑戦してみたいという子も多いのでは?
もちろん市販のカラー剤やカラーバターを使うことで、セルフでインナーカラーをすることも可能です。
ただし、ブリーチ剤の塗り方や髪のブロッキングを間違えると、思ったように色が入らないことも。
不器用で不安、という場合はサロンで頼んでみるのも良いでしょう。

Q:インナーカラーをよりおしゃれに見せる方法は?

A:ヘアアレンジにこだわってみて。

そのままでもおしゃれなインナーカラースタイルですが、ヘアアレンジをすることで、より目立つ見せ方にすることができます。
前髪インナーやイヤリングカラーなど、入れる場所によってもおすすめのヘアアレンジが異なるので、以下の記事を参考に挑戦してみましょう。

▼関連記事をチェック!

インナーカラーはヘアアレンジで映えさせて!大胆見せ、チラ見せが叶うスタイルはコレ♡
インナーカラーはヘアアレンジで映えさせて!大胆見せ、チラ見せが叶うスタイルはコレ♡
耳元や襟足周りだけに色を入れるインナーカラーは、近年注目度が高まっているカラースタイル。普段の髪型からチラッと別の色が見える姿は、なんともかわいいですよね♡どんなインナーカラーヘアですが、アレンジをするともっとおしゃれに見せることができます。大胆に色を見せたり、ヘアアレンジのアクセントにしたり。この記事では、そんな写真映えするインナーカラーのヘアアレンジスタイルをまとめました!

こっそりおしゃれ、堂々おしゃれ。どっちも叶うインナカラー

インナーカラーを入れるだけで、おしゃれの幅が広がります! ダウンヘアでチラ見せしたり、アップヘアで大胆にアピールしたり……気分に合わせておしゃれを楽しみましょう。 理想のインナーカラーを手に入れたいなら、美容院にGO。 イマドキな髪型にして、友達からいいねをもらいましょう♡