髪にとって厳しい季節がやってきた!

いよいよ冬到来!なんだか最近、髪がパサついていたり、枝毛や切れ毛が気になっていたりしませんか?それって、実は季節とも関係があるんです!どうして髪は傷んでしまうのか、どうしたらツヤが取り戻せるのか、美髪のアレコレを一緒にお勉強しましょ♡

<基礎知識編①>そもそも、なぜ髪は傷んでしまうの?

髪が傷んでしまう主な原因は、ドライヤーやヘアアイロンなどの“熱”、太陽による“紫外線”、ブラッシングやタオルドライなどの“摩擦”などが挙げられます。しかも、髪は皮膚と違い再生を繰り返さないので、一度傷んだら自力で修復はできないのです。

<基礎知識編②>冬は静電気にも要注意!

湿度が低くなる冬に起こりやすい静電気も美髪には大敵!静電気が起こることで傷んだ髪は、キューティクルが剥がれ、髪のタンパク質や水分が流出しやすい状態。ダメージで髪に亀裂が入り、枝毛や切れ毛、パサつきの原因になります。

<基礎知識編③>髪の太さ=傷みやすさ⁉

髪の太さや丈夫さは、主にタンパク質の分量によります。細い髪の人は太い髪の人に比べて、タンパク質の内包量が少ないため、ダメージを受けるとタンパク質が流れ出やすく、すぐにパサつきや切れ毛を感じるようになるのです。

自分の髪の傷み具合をチェック!

健康な髪は、通常150g程度の重さがかかっても切れません。まず抜けた髪に120g程の洗顔フォームを括りつけ、静かに吊るしてみましょう。途中で切れてしまう場合は、ダメージがかなり進んでいると言えます。

<対策編①>深層部まで栄養が届く、サロントリートメントが◎

サロンの本格的なトリートメントなら、髪のダメージに合わせてプロがケアしてくれるからオススメ!炭酸泉で髪や頭皮の汚れを落としたら、ダメージで失ってしまったアミノ酸などの栄養を入れて髪に潤いを。さらに、スチーマー等で髪を温めることで、セルフケアでは届かない部分にまでしっかりとトリートメントの栄養成分が浸透するんです☆施術後、すぐに効果が実感できるのもGOOD!

<対策編②>身体の内側からケアして美髪を育てよう

美髪にとって大切なのは、トリートメントと共に、髪が生える体の健康そのもの。髪を作り出す栄養をはじめ、美髪を育む生活習慣をチェック!

食事にひと工夫で、髪に栄養を

髪の毛の成分であるタンパク質が多い豆腐に、ミネラル豊富な鰹節を添えたり、食後にフルーツを食べるなど、髪の成長に欠かせないミネラルやビタミンを同時に摂ると効果的です。

一日の汚れは夜に落とすのが正解

シャンプー後、数時間かけて頭皮には皮脂膜が作られます。朝シャンをして皮脂膜のないまま外出すると、頭皮や髪は無防備な状態で紫外線に晒されることに。一日の汚れはその日の最後に落として。

しっかり眠り、朝日を浴びるサイクルを

夜きちんと休み、朝日を浴びることでホルモンバランスは整います。特に夜は髪の成長に欠かせない成長ホルモンが分泌される時間。遅くとも12時前には布団に入り、朝は日光をたっぷり浴びて。

<対策編③>冬の静電気には毎日のブラッシングでケア!

静電気が帯電すると髪はダメージを受けやすくなります。そんな時には、ブラッシングがおすすめ!天然の獣毛や木製タイプなら、静電気を抑えることができる上に、髪のもつれを取り、ツヤも出せるんです♡静電気防止加工が施されたブラシも出ているので、気になる人はチェックしてみて。

この冬は毎日のケアでうるツヤ髪をゲットして

髪にとって大敵が多いこの季節。普段の何気ないこともダメージに繋がりがち。可愛さを倍増させてくれるうるツヤな美髪のために、髪の外側・身体の内側からしっかりケアして、少しでも長く美髪を維持しましょ♡

構成/早川沙利(本誌) 取材・文/福田祥子、早川沙利(本誌) 監修/田村マナ(美髪アドバイザー)、山岸理恵子(ライオン株式会社 ヘルスケアマイスター) イラスト/楽谷玲子

「HOT PEPPER」(全国45エリアで発行)は飲食・美容情報、「HOT PEPPER Beauty」(東京23区で発行)は美容情報を中心に掲載しています。その他、芸能人情報やイベント情報もたっぷり紹介!これが無料で読めちゃうなんてとってもお得♪近くの駅やコンビニでgetできるので、今すぐチェックしてくださいね♡

■詳しい内容はこちら ■もらえる場所はこちら

近くで見つからない…という方は、Fujisan.co.jpの無料配送をご利用ください!

■Fujisan.co.jpはこちら
  • 企画内容やタイトルは都合により変更になる可能性がございますのでご了承ください。
  • 掲載が終了または一部掲載がない場合がございますのでご了承ください。