そもそも……髪質ってどうやってきまるの?

自分の髪質を知る前に、まずは髪質がどうやって決まるのか、原理を知っていきましょう。 髪質は ・髪の硬さ ・やわらかさ ・そしてクセ の3つの要素で決定されます。 こうみると、生まれ持った髪質は変えられないんじゃ……と思う人もいるかも知れませんね。 しかし、髪質は変化させることができます。 なぜなら髪は、外側のキューティクル層と髪内部のタンパク質や脂質や水分量によって、太さや柔軟性が変わるから。 普段の生活や髪のケア次第で、髪質は変化していくのです。

一般的な髪質の特徴

髪質の原理が分かったら、実際に自分の髪の毛を触ってみながら、髪質をチェックしてみましょう。 ここでは「髪の柔らかさ」「髪のくせ」を中心に、それぞれの特徴をご紹介していきます。 *詳しい髪質が知りたい方は、髪質改善サロンを訪れて診断してもらいましょう!

髪の柔らかさ:剛毛さんの特徴って?

一般的に硬い髪というのは、キューティクルがしっかりしていて、髪の内部のタンパク質もぎっしりつまっています。 いわゆる「剛毛」といわれる場合はこれに当てはまります。 髪を触るとハリ・ツヤ・コシがあり、丈夫で健康的。 ただし、束感ができにくい、パーマがかかりにくい、また重たい印象に見えがちなどのお悩みがあることも。

太い・硬い髪の毛でもかわいく変身!剛毛&硬毛さんにおすすめ、特徴を生かしたスタイル

太い・硬い髪の毛でもかわいく変身!剛毛&硬毛さんにおすすめ、特徴を生かしたスタイル

「扱いに困る」「芋感がどうしても抜けてくれない……」髪の毛が太い剛毛さん、髪の毛が硬い硬毛さんには、こういった悩みがつきもの。かわいくなるには、扱いやすくなるには、どんな髪型なら似合うか知りたいあなたに!太い髪の毛、硬い髪の毛もしっかり生かせるスタイルをご紹介します。

髪の柔らかさ:猫っ毛さんの特徴って?

一方、「猫っ毛」に代表されるようなやわらかい髪は、その逆。 キューティクルが薄く、髪内部のタンパク質の密度も低めです。 ふんわり素直な髪で扱いやすい反面、欲しいところにボリュームが出しにくく、ぺたんこな印象になってしまうこともあるかもしれません。

猫っ毛さんにはなにが似合う?魅力を引き出すヘアスタイル・カラー・スタイリング特集

猫っ毛さんにはなにが似合う?魅力を引き出すヘアスタイル・カラー・スタイリング特集

細く柔らかい髪の毛が特徴の猫っ毛。そのふんわり感が魅力的な反面、扱いに困っている方も多いはず。 今回は、そんな猫っ毛さんの魅力を倍増させてくれる髪形やヘアカラー、アレンジ、スタイリング方法や悩みを改善してくれるケア方法までたっぷり紹介していきます! 悩みの種だった髪の毛もきっとチャームポイントになってくれるでしょう♡

髪のくせ:直毛さんの特徴って?

直毛かクセ毛かは、髪内部のタンパク質のバランスによって決定されます。 硬い部分とやわらかい部分が同じくらいの量なら直毛になります。 勘違いされがちですが、直毛さんだってお悩みがたくさん。 クールで重めな印象に見られがちだったり、ヘアアレンジがうまくいかなかったりするんです。

【直毛さん向け】髪のお悩み対策♡おすすめ“パーマ&カット”と“ヘアアレンジ”をご紹介!

【直毛さん向け】髪のお悩み対策♡おすすめ“パーマ&カット”と“ヘアアレンジ”をご紹介!

サラサラと美しい直毛は、女性が憧れる髪質。しかし、そんな直毛さんならではの悩みも意外と多いもの……。そこで今回は、直毛さん特有のお悩みを解決に導くための方法をご紹介します。賢く対策して、ストレートのスタイルを思う存分楽しみましょう!

一方髪の構造がどちらかに偏っていると、くせが出てきます。 また毛穴や毛根のかたちも髪の毛のくせに影響します。 一口にくせ毛といっても、髪の毛自体カールがかっていたり縮れていたりする場合もあれば、いつも分け目がついてしまうなど、毛の生え方自体にくせがある場合もあります。 くせ毛の特徴については、下の記事に詳しく書いているので、ぜひチェックしてみて。

【どうするくせ毛問題】プロおすすめシャンプー、原因からおしゃれな直し方まで徹底紹介!

【どうするくせ毛問題】プロおすすめシャンプー、原因からおしゃれな直し方まで徹底紹介!

うねりや広がりなど、悩めるくせ毛さん必見!自宅で簡単に出来る保湿ケア・プロおすすめのシャンプーの紹介から、気になる縮毛矯正の情報もお届けします。さらにくせ毛やハネてしまった毛を隠すヘアアレンジ、くせ毛を活かした長さ別おすすめスタイルもまとめてみました。

【髪質別】髪質を自宅でカバー&改善する方法

自分がどの髪質に当てはまるか、わかりましたか? どの髪質にもお悩みはつきもの。 そこでここでは、髪質別におうちでできるカバー&改善方法をご紹介していきます。

硬い髪質・剛毛さんにおすすめの方法

剛毛さんは、髪の水分が不足するとより硬くなってしまいます。 そのため保湿を徹底するのがポイント。 市販されている洗浄力の高いシャンプーを使っているなら、保湿力の高いシャンプーやトリートメントに変えてみるのもよいでしょう。 また、ドライヤーを使うときは、低めの温度に設定し、8割ぐらい乾かした後は冷風で仕上げるようにすると◎ 保湿のためのヘアケア剤の使用も忘れずに。

トリートメントだけじゃない!うるツヤ髪を保つ4つの保湿方法

トリートメントだけじゃない!うるツヤ髪を保つ4つの保湿方法

愛され女子になるためには、髪の保湿も超重要!身近なのはトリートメントですが、他にも髪を保湿する方法があることを知ってましたか?今回は乾燥を防ぎ、潤いを保つための髪の保湿方法についてご紹介。シアバターを使った乾燥対策など見どころ満載です!自分に合う方法で、みずみずしい愛され女子を目指しましょう!

やわらかい髪質・猫っ毛さんにおすすめの方法

猫っ毛さんなど、やわらかい髪質の方の多くは、ボリュームにお悩みを抱えているかも。 最も手軽で効果的なのは、トップの根元にカーラーを巻くこと。 これだけで全体の雰囲気がずいぶん変わります。 また、分け目をかえてみるのもおすすめ。 髪が立ち上がり、ボリュームアップを感じられるはずです。 また、シャンプーの残留や余分な皮脂による毛穴のつまりをなくすことで、ボリュームが出やすくなることもあります。 洗浄力の強いシャンプーを控えたり、すすぎをしっかり行ったり、頭皮マッサージを試してみたりするのもよいでしょう。

【2021】プロとみんなが選ぶおすすめ市販シャンプー|髪や頭皮に優しいアイテムを検証!

【2021】プロとみんなが選ぶおすすめ市販シャンプー|髪や頭皮に優しいアイテムを検証!

シャンプーは、髪と頭皮を健やかに保つために欠かせないもの。なのに普段、なんとなく選んでいませんか?この特集では、読者が選ぶおすすめシャンプーランキングや一流ヘアスタイリストによる、髪質・悩みに合わせた市販シャンプーの検証などを公開!さらに、意外と知らないシャンプーの正しいやり方について、一緒におさらいします。これを読めば、あなたのシャンプー事情も変わるはず!

くせ毛さんにおすすめの方法

くせ毛さんがやりがちなのが、まっすぐにするために、ブラッシングやブローをたくさんすること。 しかし過度な摩擦で髪にダメージを与えてしまうと、ますますうねりが大きくなってしまうことになります。 ブラッシングやブローの際は、必ず専用のローションを使い、目の粗いブラシを使うのがおすすめ。 毛先をよくほぐして櫛通りをよくしてから全体をブラッシングしましょう。 トリートメントも効果的! 髪をコーティング・保湿することで、ある程度うねりを落ち着けられるでしょう。

【プロ直伝】おすすめヘアブラシ8選&サラサラ髪に近づくブラッシング方法

【プロ直伝】おすすめヘアブラシ8選&サラサラ髪に近づくブラッシング方法

髪のお手入れに欠かせないヘアブラシ。実はブラシをこだわることで、美髪を手に入れる近道になるんです!この記事では髪のお悩み別に、おすすめのヘアブラシを特集!表参道のスタイリストによる、サラサラ髪へ導くブラッシング方法もご紹介します。

直毛さんにおすすめの方法

直毛さんの大きな悩みと言えば、髪の毛に動きがつけにくいこと。 これを解決するには、日々のスタイリングが重要になります。 おすすめは、アレンジする前にトリートメントをつけないこと。 これでピンやアクセサリーなどが少し引っかかりやすくなります。 さらにスタイリングにハードなものを使うことで、髪にハリを持たせることができますよ。

【髪質別】サロンでの改善方法&髪質を活かしたスタイル

硬い髪質・剛毛さんにおすすめの方法

サロンを訪れるなら、おすすめはパーマとカラー。 毛先にパーマをかけるだけで、硬い髪をずいぶんやわらかく見せることができます。 熱を加えるデジタルパーマなど、硬い髪質の方でもちゃんとウェーブがつけられるヘアメニューもあるので、ぜひ美容師さんに相談してみてください。 重たさが気になるなら、ヘアカラーで明るい印象にするのもおすすめですよ。

やわらかい髪質・猫っ毛さんにおすすめの方法

やわらかい髪質の方は、トップ部分の根元にだけパーマをかけたり、段差をつけてカットするレイヤーを取り入れたりすることで、ボリュームをアップさせましょう。 カラーについては、光を反射するツヤ感のあるものが、ボリューム感を演出してくれます。 それぞれの髪のコンディションに合った施術については美容師さんが詳しいので、ぜひ相談してみましょう。

くせ毛さんにおすすめの方法

くせ毛さんは、縮毛矯正で思い切ってストレートにするのも手。 しかし自分のくせを生かしたい場合、長さを短くするのもおすすめです。 ショートボブならクセを上手に活かせそう。 クセが強い方ならちょっと思い切ってベリーショートにすることで自分らしいスタイルが見つかるかもしれません。

徹底解明!縮毛矯正って何?|ストレートパーマとの違いや失敗しないオーダー

徹底解明!縮毛矯正って何?|ストレートパーマとの違いや失敗しないオーダー

「くせ毛や縮れ毛が悩みで、縮毛矯正したい!」と思っているけれど、そもそも縮毛矯正ってなんなのかわからない方もいるのでは?ストレートパーマとの違いや、特徴・値段・施術時間・かける頻度など、縮毛矯正の情報をご紹介します。自分にはどちらが向いているのかも一緒にチェックして、ぜひ挑戦してみてください♡

髪質を活かした、自分らしいヘアスタイルを見つけよう!

どんな髪質であっても、髪の悩みはつきないもの。 自宅でセルフケアをすることで、ある程度カバーできますが、やはりそれぞれ髪の個性を活かしたスタイルを見つけるのが得策です。 自分の髪質の良いところも、そうでないところも。 正しく理解して、美容師さんとも相談しながら、ぜひ自分らしい髪型を見つけてくださいね♡