ヘアケア

枝毛ができる原因とは?美髪キープのための、正しい予防&処理法

2020年4月13日 更新

枝毛のせいで髪がうまくまとまらない。毎日セルフケアしているのに、結局いつも枝毛ができてしまう……とお悩みの女性へ。今回は、枝毛ができる原因や予防法をご紹介いたします。すでにできてしまった枝毛の処理法などもご紹介しますので、ぜひ参考にして美しいツヤ髪をキープしてくださいね!

目次
  1. 枝毛ってどんな状態のこと?
  2. 枝毛の予防や対策法をチェックしよう!
  3. 枝毛ができたら修復できない?枝毛のケアや処理法は?
  4. 枝毛の原因や予防法を知って、美しい髪をキープしよう!

枝毛ってどんな状態のこと?

枝毛ができる仕組みとは?

1本の髪の毛は、大きく分けると3つの層で成り立っています。
髪の中心にあるのが、毛髪の芯となる「メデュラ」。
メデュラを「コルテックス」という部分が覆い、さらにコルテックスを「キューティクル」が包みこんでいます。
枝毛の原因は、この上の2層に起きるダメージからきています。

コルテックスは毛髪の85~90%を占めており、タンパク質や水分を多く含む重要な部分。
髪の毛の色や太さなどは、このコルテックスによって決まります。
そのコルテックスを覆うキューティクルは、とても硬くて丈夫な部分。
しかし、何らかの原因でダメージを受けると、剥がれたりめくれたりしてしまうのです。

キューティクルが剥がれると、コルテックスに含まれているタンパク質や水分が流出してしまい、髪が傷んでしまう原因に。
さらにタンパク質は細長い繊維状になっているので、縦に裂けやすいという性質も持っています。水分などの流出によって髪が傷むと、髪が縦に裂けてしまう。
こうしていわゆる「枝毛」ができてしまうのです。

枝毛と切れ毛の違いとは?

よく疑問に上がるのが「枝毛」と「切れ毛」の違い。
実はどちらも原因はほぼ同じ。
髪の毛が縦に裂けてしまったのが「枝毛」、途中でプツっと切れてしまったのが「切れ毛」です。

傷んでしまうと、髪はちょっとした刺激で切れてしまいます。
頭のトップでツンツンした毛があったら、それは切れ毛かもしれません。
切れ毛が多いと髪のまとまりが悪く、見栄えもよくないので避けたいところですね。

枝毛ができやすい髪質ってある?

結論から言えば、髪が細くて柔らかい「軟毛」のほうが、枝毛や切れ毛ができやすくなります。

なぜなら、軟毛だとコルテックスの密度が低く、キューティクルも薄いから。
髪が細くて柔らかいタイプなら、硬毛の女性以上に、枝毛や切れ毛の原因を知って十分な対策を講じましょう。

できてしまった枝毛は修復できる?

できてしまった枝毛や切れ毛は、修復することはできません。
それは髪の毛が、すでに死んでしまった細胞だからです。
毛髪は爪と同じように自分で修復する機能はありませんので、一度枝毛になると元には戻りません。

どうやっても元に戻らないならば、早めに枝毛になる原因を知って、予防することが大切なんです◎

枝毛の予防や対策法をチェックしよう!

ブラッシングなどの摩擦によるダメージには…

枝毛の原因のひとつが、「摩擦」や「静電気」。
コルテックスのタンパク質などを保護しているキューティクルは、うろこ状に規則正しく重なり合っています。
強引なブラッシングで必要以上の摩擦を加えると、キューティクルがめくれてしまう原因に。

絡んでいる髪は丁寧に指でほどいてから、ブラッシングするようにしましょう。
またキューティクルは、濡れた状態だと開いてしまいます。
キューティクルが開いた状態でブラッシングすると、髪が傷む原因に。
静電気を避けるために、ナイロン製のブラシでなく、動物の毛でできたブラシを使用するのもおすすめです。

おすすめヘアブラシはこちらからチェック!

【プロ直伝】おすすめヘアブラシ特集|基本のブラッシングも大公開!

【プロ直伝】おすすめヘアブラシ特集|基本のブラッシングも大公開!

髪のお手入れに欠かせないヘアブラシ。実はブラシをこだわることで、美髪を手に入れる近道になるんです!この記事では髪のお悩み別に、おすすめのヘアブラシとその効果をご紹介!様々なヘアブラシを使いこなす表参道ヘアサロンの一流スタイリストが、使い方も丁寧にレクチャー。髪や頭皮の悩み改善にも繋がる、奥深いヘアブラシの世界を覗いてみましょう♡

髪の自然乾燥によるダメージには……

乾かすのが面倒くさいという理由から、髪を自然乾燥させている女性もいらっしゃるのでは?
ですが髪の自然乾燥は、枝毛ができる大きな原因になります。
髪が濡れた状態だと、キューティクルが開きっぱになり、コルテックスのタンパク質や水分がどんどん流出してしまうことに。

また髪が濡れたままで寝てしまうと、枕などとの摩擦によって、キューティクルが剥がれやすくなってしまいます。
髪に湿気があると雑菌が増殖してしまい、かゆみやにおいの原因になる場合も。
髪をシャンプーしたら、きちんと乾かすのがベストです◎

ドライヤーやアイロンなど熱によるダメージには……

キューティクルは、熱にも弱い性質を持っています。
しかし髪を自然乾燥させるよりは、ドライヤーで乾かすのがベスト。
正しい乾かし方で、髪を傷めないよう注意することが大切です。

まずはタオルドライで水分を吸収し、髪の根元からドライヤーをあてていきます。
熱によるダメージを避けるため、髪とドライヤーの距離は20cm程度保ちましょう。

アイロンやコテは、髪に集中して熱を加えてしまうため、できれば控えるのがベスト◎
毎日アイロンで整える必要があるのなら、ストレートパーマや縮毛矯正をかけたほうが髪が傷みにくい場合もあります。
アイロンorストレートパーマで迷ったら、美容師さんに相談してみると良いですね。

ストレートパーマについてはこちらもチェック!

向いてるのはどっち?「ストレートパーマ」の特徴&プロ直伝!失敗しないオーダー方法

向いてるのはどっち?「ストレートパーマ」の特徴&プロ直伝!失敗しないオーダー方法

誰もが憧れるサラサラストレートヘア。くせ毛に悩んでいる方は、ぜひとも手にいれたいですよね。でも「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」、どっちが私に合ってるんだろう?失敗しないのは、どっち?と疑問も多くなるもの!今回はプロ美容師の解説で、ストレートパーマの特徴、メリット・デメリットなどをご説明します。

カラーリングやブリーチによるダメージには……

髪の色は、コルテックス内の色素によって決まります。
コルテックスにはメラニン色素が含まれており、このメラニン色素を染めたり分解することで、髪色が変わる、という仕組みになっています。

そんな髪色を決めるカラー剤は、コルテックスまで浸透させる必要があるため、キューティクルを剥がす薬剤を含んでいます。
キューティクルを剥がすということは、髪が傷む原因になってしまうということ。
髪色を変えてばかりいると、ダメージが増えるのはこれが原因です。

しかし、髪のダメージを抑えつつ、いろんなヘアカラーを楽しみたいのが本音。
ならばサロンで相談しつつ、適度な頻度でカラーリングを施しましょう◎
カラーリングのあとは、トリートメントで必要な栄養分を補ってあげるとベストです。

ヘアカラーの仕方については、この記事もチェック!

ヘアカラー初心者さんに!ブリーチなしの透明感カラーで今っぽくおしゃれになろう♡

ヘアカラー初心者さんに!ブリーチなしの透明感カラーで今っぽくおしゃれになろう♡

初めてのヘアカラー。印象はガラッと変えたいけど、いきなりブリーチはちょっと……という方も多いはず。そんな方におすすめなのが、ブリーチなしでできる「透明感カラー」です!髪色が透き通ったように見えるヘアカラーは、髪の毛を綺麗にみせてくれるのはもちろん、顔周りを軽快な印象にしてくれます。さらに、ブリーチなしだとナチュラルだけどあか抜けた印象にしてくれるので、イメチェンにはぴったり♡透明感カラーでみんなの「かわいい!」をゲットしちゃいましょう!
ブリーチから髪染め!【ダブルカラー】で作る、2020年トレンド髪色特集

ブリーチから髪染め!【ダブルカラー】で作る、2020年トレンド髪色特集

「ダブルカラー」は、ブリーチをしてから髪を染めるカラーリングの手法。発色の良いキレイな髪色に仕上がるのが魅力です。だけどブリーチって、髪が傷まないか心配……そうお悩みの女性も多いのでは?そこで今回は、ダブルカラーのメリットやデメリット、発色の違いなどをご紹介します。おすすめスタイルも厳選しましたので、次のヘアカラー選びの参考にしてくださいね!
フルカラーとリタッチカラーの違いとは?それぞれのメリット・デメリットをチェックしよう!

フルカラーとリタッチカラーの違いとは?それぞれのメリット・デメリットをチェックしよう!

サロンで「フルカラー」や「リタッチカラー」というメニューを目にしたことがありませんか?オーダーの際には、それぞれの違いなど、悩んでしまうこともありますよね。ヘアカラーをオーダーする前に確認したい、フルカラーとリタッチカラーの違いや特徴について、チェックしていきましょう!

パーマや縮毛矯正によるダメージには……

パーマや縮毛矯正は、コルテックスより内部にあるアミノ酸の結合を切断して、髪の毛を好きな形に整えていく仕組みでできています。
結合をいったん切断して髪を柔らかい状態にし、ストレートにしたりウェーブさせたりする、というイメージですね。

もちろんこのときもキューティクルを剥がすので、髪が傷みやすくなります。
カラーリングと同じように、頻度を守りながらパーマを楽しむのがおすすめです。

パーマや縮毛矯正については、この記事もチェック!

【デジタルパーマとは】普通のパーマと何が違う?長さ別おすすめデジパスタイルも!

【デジタルパーマとは】普通のパーマと何が違う?長さ別おすすめデジパスタイルも!

定着力が強く、形をしっかり記憶してくれるデジタルパーマ。普通のパーマと何が違うのか知っていますか?実は良いことたくさんなデジタルパーマ。ここではふわふわな髪型に憧れるみなさん必見、デジタルパーマの特徴とおすすめヘアスタイルを紹介します。
徹底解明!縮毛矯正って何?|ストレートパーマとの違いや失敗しないオーダー

徹底解明!縮毛矯正って何?|ストレートパーマとの違いや失敗しないオーダー

「くせ毛や縮れ毛が悩みで、縮毛矯正したい!」と思っているけれど、そもそも縮毛矯正ってなんなのかわからない方もいるのでは?ストレートパーマとの違いや、特徴・値段・施術時間・かける頻度など、縮毛矯正の情報をご紹介します。自分にはどちらが向いているのかも一緒にチェックして、ぜひ挑戦してみてください♡

紫外線によるダメージには……

髪が紫外線を浴びてしまうと、キューティクルを覆っている「MEA」と呼ばれる脂質を失ってしまいます。
MEAが失われると、規則正しく重なっているキューティクルの結びつきが弱くなり、浮かびやすくなってしまうことに。
ちょっとした摩擦でキューティクルが剥がれてしまいますので、枝毛の原因になってしまいます。

紫外線のダメージから髪を保護するためには、日傘をさしたり帽子をかぶったり、紫外線を防ぐ効果があるオイルなどをつけると良いですね。

髪の紫外線対策はこちらもチェック!

美肌キープのカギは春にあり♡今から使いたいおすすめ日やけ止め特集

美肌キープのカギは春にあり♡今から使いたいおすすめ日やけ止め特集

日やけ止めは日差しの強くなり暑くってきた夏前くらいから使えばよいと思っていませんか?実は紫外線は1年中降りそそいでいるんです!日やけは肌のシワやたるみ、シミ・そばかすなどを引き起こす原因がたくさん。美肌をキープするためにも早めのうちから日やけ対策をするのが大切です。そこで今回は紫外線対策の基本と、おすすめアイテムをご紹介!ぜひ参考にしてみてください♡

枝毛ができたら修復できない?枝毛のケアや処理法は?

髪の毛には自己修復機能はありませんので、一度枝毛になってしまった髪は修復できません。
ですが枝毛をケアして、髪を美しくみせる方法はあります。
枝毛を発見したら、切ってしまうのもひとつの処理法。
最後に、できてしまった枝毛のケア法や処理法についてご紹介いたします。

トリートメントやオイルで髪を保湿!

サロントリートメントは、日々進化しています。
トリートメントをすることで、タンパク質を失ったコルテックスに、栄養分を補給することができます。

また、オイルやトリートメントで髪を保湿すれば、髪のダメージが目立ちにくくなります。
一度傷ついたキューティクルは元に戻りませんが、トリートメントやオイルで保護したり、髪を美しくみせたりすることは可能です。

髪にも保湿が超重要!うるツヤ髪を保つための方法って?

髪にも保湿が超重要!うるツヤ髪を保つための方法って?

愛され女子になるためには、髪の保湿も超重要!有名なのはトリートメントですが、他にも髪を保湿する方法があるって知ってましたか?今回は乾燥を防ぎ、潤いを保つための髪の保湿方法についてご紹介。自分に合う方法で、みずみずしい愛され女子を目指しましょう!

セルフカットはOK?枝毛の処理法は?

一度枝毛になった髪は、どうやっても元には戻りません。
ならば切ってしまうのが、手っ取り早い枝毛対策。
しかし枝毛の処理法にもポイントがあります。

枝毛になってしまった髪の毛は、枝毛より上の部分もダメージが進んでいます。
そこで枝毛の部分だけを切ってしまうのではなく、少なくとも枝毛より5cmくらい上までカットしてあげましょう。

毛先の断面が大きいと、髪に必要な栄養分が流出しやすくなります。
断面が小さくなるように、垂直にカットするのがポイントです。

枝毛は修復不可能!サロンでヘアカットしてもらおう

枝毛とサヨナラする、枝毛を予防する、最大の方法はサロンでこまめにカットすること。
髪が長くなればなるほど、毛先まで栄養が行き渡りにくくなります。
傷んでしまった状態では、もっと栄養が行き渡らず、枝毛ができてしまう原因に。
髪が健康な状態のまま、こまめにカットを繰り返せば、キレイに髪を伸ばしていくことができますよ◎

枝毛の原因や予防法を知って、美しい髪をキープしよう!

一度枝毛ができてしまうと、どうやっても元に戻すことはできません。
そこで、枝毛ができる原因を知って予防することが大切です。

髪はドライヤーや紫外線の影響で、気づかないうちに日々ダメージを受けています。
枝毛になってしまう前に、サロンでこまめにカットしてもらうことが一番の対策法。
せっかくサロンでカットしてもらうなら、少しだけ冒険して、いつもと違うヘアスタイルに挑戦してみるのもおすすめです。

Nanako
Nanako

可愛いものが大好きです。皆様に日々「可愛い」を届けたいと思います。

この記事が気に入ったらシェア

九州・沖縄 四国 中国 関西 北信越 東海 関東 東北 北海道
HOT PEPPER Beauty 学割 ヘア ネイル まつげ おトクみあふれる〜!

ヘアサロン予約なら

HOT PEPPER Beauty
  • 「行きたい時間」「口コミ」「スタイリスト」から美容院が探せる
  • 「24時間いつでも」ネットで予約できる
  • 「クーポン」が使えて「ポイント」も貯まる

関連記事

公式アカウントもチェック!