今こそ、編み込みアレンジをマスターせよ!

自分の時間が多い今こそ、たっぷりアレンジを練習するとき! いつもと違う凝ったアレンジに挑戦したいなら、編み込みアレンジがおすすめです。 とはいえ、編み込みは複雑で難しいと思われがちなアレンジ。 実際にチャレンジしたものの、上手くできなかった!という声も多いもの……。 編み込みは、繰り返して慣れることも重要ですが、基本をマスターすれば簡単。 そこで今回は、覚えておきたい編み込みのアレンジ方法をイラストつきでご紹介します。 やりやすい前髪やサイドの編み込みスタイルも紹介するので、ぜひできるところからチャレンジしてみてくださいね。

【編み込みの基本】サイド表編みの作り方

編み込みでポイントになるのは、どこの毛を巻き込んで編むのか。
今回は全ての編み込みの基本になる、「表編み」から、前髪も一緒に編み込むサイド表編みの作り方をご紹介します。
毛束を交差させるときに、左右の毛束を中央の毛束の“上”に重ねて編んでいくのがポイント。
まとまりがよく上品な印象に仕上がるので、普段使いだけでなく、フォーマルなときのアレンジにもおすすめです。

用意するものは細めのゴムのみでOK、早速みていきましょう!
①トップの髪を少し取り、均等に3つの毛束に分けます。
取る髪の量を多くするとナチュラルに、少なくすると繊細な仕上がりになりますよ。

②三つ編みの手順で、両端の毛束を真ん中に持ってきて交差させます。
③次の交差から、後頭部側の端の毛束の下の髪(紫色)も取り足して、ピンクの毛束の上で交差させます。
反対側の、顔側の毛束も同じように下の髪(緑色)を取り足して、先ほどの毛束(ブルー&紫)の上で交差させます。
④ 髪が取り足せるところまで、同じ動作を繰り返して編んでいきます。
ゆるめに編むとふんわりと優しい雰囲気に、きつめに編むとクールな印象に!
⑤全部髪を取り編んだら、毛先まで三つ編みをしてゴムで結びます。
⑥三つ編み部分を耳にかければ完成です!

仕上がりが変わる!編み方別バリエーション

編み込みアレンジには、表編み以外にもいくつかの種類があります。 その編み方によって仕上がりの印象はさまざま。 ここではそんな編み込みのバリエーションをチェックしてきましょう!

甘めヘアが作れる裏編みスタイル

立体的な編み目が特徴の「裏編み」。
こちらも3本の毛束を編むのは同じですが、毛束を交差させる際に、左右の毛束を中央の毛束の“下”に重ねて編んでいきます。
編み目が浮き上がり華やかな印象になるので、甘めな雰囲気に。
デートやお呼ばれなど、自分をとびっきりかわいく見せたいときにおすすめです◎

裏編みの作り方

裏編みの作り方
①外側にある毛束(ピンク)を、下を通しながら真ん中に持っていく
②外側にある毛束(ブルー)を、下を通しながら真ん中に持っていく
③外側にある毛束(イエロー)を、下を通しながら真ん中に持っていく
④フェイスラインの毛束(グリーン)を、ピンクと一緒に下を通しながら真ん中に持ってきます
⑤後頭部の毛束(グリーン)をブルーの毛に足し、真ん中に置き、繰り返して毛先まで結ぶ

簡単にできるロープ編みスタイル

2本の毛束を編み込む「ロープ編み」。
ラフな印象に仕上がり、こなれ感がでるのでデイリーアレンジにぴったり。
3本の編み込みよりも簡単なので、前髪やサイドに取り入れやすいのも魅力です。

ロープ編みの作り方

編み込み ロープ編みアレンジの作り方
①髪のサイドに毛束を2つ作る
②毛束の上下を交互にする
③交差を繰り返しながら編んでいく

*このとき、毛先をねじりながら編んでいくとタイトな印象になります♡

凝ったヘアアレンジにできるフィッシュボーンスタイル

4本の毛束を編み込む「フィッシュボーン」は、魚の骨のようなデザインに仕上がるのが名前の由来。
より繊細な編み目に仕上がるので、ワンランク上のヘアアレンジを求める方におすすめです。
練習次第でセルフでもできるようになりますが、少し難しいので、サロンでのヘアセットにオーダしたいアレンジです。

フィッシュボーンの作り方

編み込み フィッシュボーンアレンジの作り方
①毛束を2つ作る
②毛束の外側3分の1(ピンク)をとり、反対の毛束の内側に合わせる
③反対の毛束も同じように外側3分の1(ブルー)をとり、反対の毛束の内側に合わせる
④毛束を引っ張りながら編みすすめ、毛先をゴムで縛る

基本をマスターしたら、おしゃれにアレンジ!

基本の編み方をマスターしたら、今っぽくなるようアレンジを加えて! 多めの毛束でゆるっと編むと、ふんわりのあるのこなれへアに仕上がります。 また細めの毛束で編み込めば、カジュアルスタイルにもぴったり。 最後に、毛束を指でつまんで引き出し、ほつれ感を出すのもおすすめです◎ 毛束の量や編み込みのゆるさを調整して、アレンジの幅を広げていきましょう。 ここからは、編み込みを使ったスタイル別におすすめアレンジを紹介します。

【スタイル別アレンジ】編み込みハーフアップ

ハーフアップは2021年注目のヘアアレンジスタイル! サイドの髪の毛を編み込んでからハーフアップにすることで、花冠のようなガーリーな雰囲気が出せちゃいます♡

ハーフアップならショートさんでもやりやすい!
編み込みハーフアップは、ショートヘアさんでも取り入れやすいアレンジ。 髪の毛が短くまとまりにくいときは、ヘアアクセなどで留めるのがベターです。
ロープ編みで作るハーフアップ
両サイドをロープ編みにして、ハーフアップ風にアレンジ。 巻いてもストレートでもかわいくなれちゃいます。

【スタイル別アレンジ】編みポニー

アップスタイルの定番、ポニーテールにも編み込みを。 編み込んだ髪の毛をポニーにするも良し、ポニーテールを後から編み込んでもよし◎

サイド編みで作るローポニー
両サイドをロープ編みにして、低い位置でくくったポニーテール。 ちょっと手間をかけるだけで、カジュアルスタイルもこんなに華やかに!
ぽこぽこかわいいガーリーポニーテール
全体をコテやアイロンでウェーブスタイリングしたら、中間の位置でポニーにして編みおろし! 編んだ部分を引き出すことで、ぽこぽことかわいいビジュアルに♡

【スタイル別アレンジ】編み下ろし

編んでまとめることが多い編み込みアレンジですが、編んだ後に、だらんとおろしてもかわいいんです! 編んだ部分とダウンスタイルのギャップが、ゆるくこなれたスタイルにしてくれるはず。

ざっくり編み込み下ろし
束ねた結び目の上を2つに分けてけ毛束を通す“くるりんぱ”と、ロープ編みをミックスしたアレンジ。 全体的にゆるっとまとめることで、こなれ感たっぷりのスタイルに。
後毛がかわいい編み下ろし
多めの毛束で編み込みをした後に、全体を引き出したゆるふわ編み下ろしスタイル。 サイドから後毛が少し覗くのがかわいい!

【スタイル別アレンジ】前髪編み込み

ショートヘアやボブヘアさんでも挑戦しやすいのが、前髪の編み込み。 前髪を長めにつくり、巻いておくだけでも挑戦しやすいですよ。

やわらかな質感のシニヨン
波ウェーブ×ロープ編みで、やわらかな質感に仕上げたまとめ髪。両サイドの編み込みをバックで束ねて、毛先をくしゅっとまとめるだけの簡単アレンジです。

毎日取入れたい編み込みアレンジ♡

「編み込み」は、毛束の量やほぐし方などで、カジュアルにもフォーマルにも幅広く簡単にアレンジできます。 きちんと感を出したい日も、ふんわりフェミニンに仕上げたい日も、ぜひ取入れてみてくださいね! お呼ばれなどの特別な日は、美容院のヘアセットを予約して、とびきり可愛く仕上げてもらうのがおすすめですよ。

おすすめの編み込みアレンジはこちらの記事でも紹介中!

簡単にできる!編み込みスタイル特集|前髪、サイド、バリエーション豊富なアレンジを紹介

簡単にできる!編み込みスタイル特集|前髪、サイド、バリエーション豊富なアレンジを紹介

髪の毛を交差させて作る編み込み。手先が器用でないと取り入れにくい、と思っていませんか?実は編み込みは、基本のポイントをおさえれば簡単に取り入れられるアレンジなんです!今回は、そんな編み込みの簡単なやり方を解説、さらに今すぐマネできる大人かわいい編み込みアレンジをバリエーションごとにご紹介していきます。